新型「Cクラス」のインテリアは「CLAクラス」と「Sクラス」のイイトコ取り?
Related Gallery:

先月、新型メルセデス・ベンツ「Cクラス」の姿を捉えたスパイショットをお伝えしたが、今回は公式発表された同車のインテリア画像をお届けしよう。

新型にはより高級な素材が使用され、全体的なデザインはさらにダイナミックで魅力的になっている。特に印象的なのはセンターコンソールで、まるでコックピットのようだ。

主に「CLAクラス」のデザインが踏襲されており、センタースタックのナビゲーション画面やHVAC(冷暖房空調)システム、計器類、ステアリング・ホイールなどはCLAに非常に良く似ている。「COMANDシステム」のコントローラーは「Sクラス」と類似しているが、Cクラスには運転したまま簡単に操作できるタッチパッドが装備されている。さらに新型には、ヘッドアップディスプレイや「Air Balance」と呼ばれるHVACシステム、COMANDインターフェイスによるタッチパネルコントロールなども搭載されるようだ。



インテリア以外の情報では、新型Cクラスのボディシェルは現行モデルよりも70キロも軽くなることが分かっている。

今回はインテリアのギャラリーとともに新システムのミニ情報も追加したので、併せてお楽しみいただきたい。メルセデス・ベンツからのプレスリリース(英語)もどうぞ。

By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:


【PR】メルセデス・ベンツの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Cadillac XLR-V 2007

Related Gallery:Saab Aero X, venido del frí­o