米の議員たちが大統領に「日本の自動車メーカーをサポートすべき」という書簡を送る
米国の自動車メーカーといえばゼネラル・モーターズフォードクライスラーのビッグスリーだが、近年は日本の自動車メーカーのほうが米議会に影響力を持っているようだ。

オバマ大統領に「米国内で自動車の製造・販売を行っている日本の自動車メーカーの支援を強力に推し進めるべきだ」という内容の書簡が送られたという。同書簡の創案者は、ピート・ガリェーゴ下院議員(テキサス州、民主党)、アラン・ナノリー上院議員(ミシシッピー州、共和党)の2人。同書簡には「経済情勢の改善を図るために製造・販売、さらには輸出というグローバルな展開が期待出来る日本の自動車メーカーの第1拠点が米国となるように促すべきである」とあり、さらに「日本の自動車メーカーは29の工場で7万6000人、全土にあるディーラーで41万9000人もの雇用を生み出している」と記されていたという。ナノリー上院議員は書簡を送った理由を「日本の自動車製造業とディーラーが我々の経済に日々多大な貢献をしていることを、大統領に忘れて欲しくない」と話す。ちなみに本書簡にサインした議員は79名もいるが、その中にフォード社の本拠地であるミシガン州の議員はいない。

現在、オバマ大統領と政府は、環太平洋パートナーシップ(TPP)について各国と協議を行っている。書簡が米国のTPP政策にどのような影響をもたらすのか、動向を見守りたい。

By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】自動車メーカーの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Donkey Kong Mini-Automat

Related Gallery:Lamborghini Veneno Roadster unveiled

Related Gallery:SAMSUNG NEW PC

Related Gallery:Tesla Effect: A Tex Murphy Adventure

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:Logitech M557

<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:HP dv6(old)and Envy

Related Gallery:Chiling Lin at the Sony Internet TV annouce press