米の自動車サイトAutomotive Newsによると、トヨタの役員であり、ドライブトレーン技術領域長でもある嵯峨宏英氏が、今後のトヨタ車のパワートレインについて「ターボチャージャーの使用を控え、排気量の大きなアトキンソンサイクルエンジンを使用していくべき」と話したと伝えている。

トヨタは、ターボチャージ付きエンジンに多額の投資をしているが、嵯峨氏はターボチャージ付きエンジンが今後、トヨタ車のスタンダードになるとは思っていないようだ。というのも同氏はターボチャージ付きエンジンを、「より良い世界を作る"技術だと確信していないから」だという。

では、トヨタが"よりよい世界を作る"技術と考える今後のアトキンソンサイクルエンジンとはどのようなものか。それは、「吸気バルブの閉じるタイミングを、ピストンが圧縮工程に入ってからにすることで、圧縮比よりも膨張比を大きくし、熱効率を高めて燃費を向上させたエンジン」だという。さらにこのエンジンを「低回転から優れたトルクを発揮する電気モーターを搭載したハイブリッドシステムと組み合わせ、より高効率化を図る」ということだ。

VWやBMWを始めとしたメーカーが、ターボによってエンジンのダウンサイジング化を積極的に進めている現状の中、トヨタのこの試みにはこれからも注目していきたい。

By Damon Lowney
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】アトキンソンサイクルエンジン車の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!


<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:BMW M3 Sedan and BMW M4 Coupe

Related Gallery:Asus Lamborghini VX6

Related Gallery:小米手機 2S 動手玩(Xiaomi 2S Hands-on)

Related Gallery:Asus FonePad 外觀

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:CUPP PunkThis hands-on

Related Gallery:Shuttle tablets at Computex 2011

Related Gallery:Intel Keeley Lake concept convertible