【スパイショット】MCしたレクサスの新型「CT200h」はスピンドルグリルを採用
Related Gallery:Elemental Cars RP-1 Photos


レクサスのハイブリッド5ドアハッチバック「CT200h」。今回はマイナーチェンジ(MC)を受けた同車の2014年モデルをキャッチしたので、お届けしよう。

撮影されたのは、同車のスポーティバージョンとなる「F SPORT」モデル。外観に大幅な変更はないようだが、フロントには同ブランドのアイデンティティともいえるスピンドルグリルが採用され、ヘッドライトのデザインも一新されている。また、リア部分を見ると、テールランプはわずかにスリムになり、リアバンパーもデフューザーとエア・ベント付きのものに改良されている。

内装については不明だが、外観と同様にマイナーチェンジがあることを期待したい。パワートレインのスペックは、2016年ごろに次世代CTが登場するまで大幅な変更はないと思われる。

それでは、ギャラリーで新型CT200hの姿をお楽しみいただきたい。

By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:Elemental Cars RP-1 Photos


【PR】レクサスの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Nokia Lumia 710 an der Nokia World

Related Gallery:

Related Gallery:Today's Funniest Photos - 9-25-13

Related Gallery:Daily Adorbs 10/1/12

Related Gallery:Samsung Z: Hands-On

Related Gallery:BMW 2 Series Cabrio spy shots

Related Gallery:

Related Gallery:


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Vodafone charging truck

Related Gallery:ASUS Eee PC X101 hands-on