BMWグループは、11月18日に発表が予定されている新型「MINI」に採用される運転支援システムについてその概要を明らかにした。現在の新型車では常識ともなっている衝突回避・被害低減システムや、ヘッドアップ・ディスプレイ、駐車アシスト機能などが搭載されるようだ。

Related Gallery:

 
ヘッドアップ・ディスプレイは小型スクリーン設置タイプ

ドライバーが少ない視線移動で表示された情報を確認することが出来るヘッドアップ・ディスプレイは、他のBMW車に採用されているようなフロントウインド・スクリーンに投影するタイプではなく、ステアリング・ホイールの向こう側に設置された格納式の小型スクリーンによるもの。マツダが新型「アクセラ」に採用しているものと同方式だ。表示はカラーで高精細、周囲の明るさが変わることによって見づらくなることもないという。この画面にはナビゲーション・システムによる方向案内や道路の分岐案内、車速、ラジオのチャンネルや音楽トラックのほか、後述する先進安全技術システムによって制限速度や追い越し禁止などの交通情報と、注意を促すサインなどが表示されるという。既存の車載ディスプレイと異なり、画面にはバーチャルな距離の向こうに画像が現れる(ように見える)ので、ドライバーは前方の視界から画面に視線を移す際、焦点を合わせ直す必要がない。次期型MINIにはグレードによってまたはオプションとして用意される模様。



フロントにカメラを搭載

最近発売される新型車には装備することが常識のようになっている衝突回避・被害低減システムだが、もちろん新型MINIにも搭載される。MINIが採用するシステムでは、フロントガラス上部、リアビュー・ミラーの裏側にカメラを設置し、その映像を基に前方を監視するというもの。レーダーを使うタイプに比べ、横方向に広く検知することができ、さらに先行車だけでなく、止まっている車両や道路を横切ろうとしている歩行者まで認識可能だという。15km/hから60km/hまでの速度で走行中に働き、衝突の危険を感知するとドライバーに音や表示で警告し、あるいは自動的にブレーキを作動させて減速させるという、機能としてはお馴染みのもの。ドライバーはその感応レベルを「早め」「中間」「遅め」の3段階から設定することが出来るそうだ。

このフロントに設置されたカメラを使って、30km/hから140km/hで走行中には自動的に速度や前方を走行するクルマとの距離を調整する、クルーズ・コントロール機能も搭載される。ドライバーはステアリング・ホイールに設置されたボタンで1km/hまたは10km/h単位で目標速度を設定可能。前方が開けていれば設定速度で走り続けるし、先行車両を検知したら自動的に速度を落として最適な車間距離を保つ。もちろんドライバーはブレーキまたはアクセル・ペダルを踏むことによっていつでもシステムに介入することができる。



道路標識や対向車も認識

さらにこのフロント・カメラは、道路脇にある標識や信号機などを認識し、ナビゲーション・システムに蓄えられたデータも参照することで、赤信号や制限速度、追い越し禁止区域などをドライバーに知らせる機能も提供する。大きなコンテナを積んだトレーラーが前方にいても、信号や標識を見落とす心配が減るわけだ。雨滴感知センサーや時計とも連動し、時間・天候による速度制限にもちゃんと対応するという。

さらに前方の走行車両や対向車もカメラで検知することで、ヘッドライトの明るさを自動調節するデジタル・ヘッドライト・アシスト・システムも搭載。速度50km/hを超えると自動的に作動を開始し、前方約1,000m以内の他車のヘッドライト、および500m以内のテールライトを検知。普段はヘッドライトの明るさが最大となるハイビームで走行するが、前方に先行車または対向車を検知したら、他車が眩しくないようにヘッドライトをロービームに自動的に切り替えるという。



バックからの駐車も簡単

新型MINIには、テールゲートのハンドル部に視野角120度のリアビュー・カメラも搭載され、ギアをリバースに入れるとセンター・コンソールのモニタに後方の映像が映し出されるだけでなく、バックから駐車する時にはガイドラインを表示して手助けしてくれる。

さらに超音波センサーを使ったパーク・ディスタンス・コントロールおよびパーク・アシスト機能も搭載。駐車場では35km/h以下で走行していれば1.5m以内にある空きスペースを自動的に見付け、ドライバーはステアリング・ホイールに一切触れる必要なく、アクセルとブレーキ・ペダルを表示に従って操作するだけで、新型MINIは駐車スペースに収まるそうだ。



エンジンは直4&直3ターボの2種類

新型MINIに搭載されるエンジンは、BMWの「ツインパワー・ターボ・テクノロジー」によって、現行モデルの「クーパー」を上回る最高出力136ps・最大トルク22.4kgm(オーバーブースト時23.5kgm)という性能を発揮する1.5リッター直列3気筒ターボと、2.0リッターに拡大された排気量から192psと28.6kgm(オーバーブースト時30.6kgm)を発生する直列4気筒ターボの2種類が(発表当初は)用意される予定。

"プレミアム・コンパクト"の名に相応しい装備を存分に与えられる新型MINI。新しい3気筒エンジンの出来映えも楽しみだ。ちなみに外観はこんな感じになりそう。正式発表まであと約5週間。果たしてその2日後に開幕する東京モーターショーで見ることは出来るのだろうか...!?


By Hirokazu Kusakabe (Facebook)

Related Gallery:

 
【PR】新型MINIの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Lenovo ThinkPad 10

 
Related Gallery:Death penalty, execution methods

 
Related Gallery:

 
Related Gallery:

 
Related Gallery:

 
Related Gallery:How to Kitten-Proof Your Home

 
Related Gallery:

 
<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Force India VJM01

 
Related Gallery:Saab Aero X, venido del frí­o

 
Related Gallery:Cadillac XLR-V 2007