ディーゼルの排ガスがミツバチの生態を脅かすという興味深いリポート
今回は、ディーゼルの排気ガスによって花のにおいが化学的に変化することで、受粉を助けるミツバチが花に辿り着きにくくなり、生態に深刻な影響を及ぼす恐れがあるという研究結果をご紹介しよう。

論文を発表したのは英サウサンプトン大学の研究チーム。英語版『ナショナル ジオグラフィック』によると、研究チームは、ディーゼルの排気ガスのミツバチへの影響を調べるため、いくつかの化学物質からなる合成香料を作りアブラナの花のにおいを再現。その合成香料をラッシュ時の都心部の道路と同程度にディーゼルの排気ガスで汚染された空気と混ぜたところ、ミツバチを惹きつけるというある化学物質が、ディーゼル排気にさらした直後から分解されてしまうことを突き止めたという。

今回の研究で、花のにおいを作る化合物と排ガスの因果関係が明らかになり、これまで唱えられてきた「大気汚染はミツバチの個体数の減少の一因」との仮説も、ようやく裏付けられることになりそうだ。

By Damon Lowney
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】ディーゼル車の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:1973 Symposium on Low Pollution Power Systems Development Photos

Related Gallery:Mazda SKYACTIV-D RACING: Tokyo Auto Salon 2013

Related Gallery:Audi R8 V12 TDI Concept Photos

Related Gallery:Honda Diesel Earth Dreams Photos

Related Gallery:Porsche Panamera Diesel

Related Gallery:SEMA 2010 Zero South Biodiesel Electric Hummer

Related Gallery:Quick Drive 2009 Porsche Cayenne Diesel


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:tokyo-autosalon-2013-girls01-01

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 02 01

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 03 01