自動車用部品メーカーのデンソーは、CEATEC JAPAN 2013で小型EVを家庭用の蓄電池代わりに使えるシステムを出展した。

Related Gallery:


この黒い製品がピコグリッド装置と呼ばれるメインユニットだ。このユニットを使うことで車両の状態管理を行い、通常時・非常時を問わず小型EVを電力網の一部として効率的にエネルギーを活用することが出来るようになるのだ。


トヨタコムス」は、充電のみしか出来ないが、今回の展示では充電の他、放電が出来るようなコネクターがBピラーに増設されている。ここにこのピコグリッド装置をつなぎ、家庭の電力網とつなぐことで、電気を出し入れすることが出来るようになるとのことだ。考え方としては日産リーフ」のリーフtoホームのような使い方が出来ると思えば良いだろう。


ピコグリッド装置には、USBやACの出力端子も用意され、露店やキャンプ、非常時の電力源として小型EVが活用できるようになるという。また、出力容量が足りない場合、小型EVを複数台接続して容量を拡大して使うことも出来るとのことだ。


家庭の電源はAC100V(交流)で供給されているが、家庭のソーラーパネルで発電されている電気はDC(直流)であり、パソコン、携帯電話などはDCで動くようになっているが、それぞれの機器でACからDCへ変換して電気を利用している。

ノートパソコンとコンセントをつなぐケーブルの間にボックスが付いているがソレがAC/DCコンバーターと呼ばれる変換器なのだ。

小型EVもDCで構成されているので、変換せずにDC機器だけで家庭内の電力網を構築すれば、よりエネルギーロスがなく効率的に電力を使うことができるのだ。


また、デンソーは同時に定置方DC普通充電器のコンセプトモデルの展示も行った。こちらはプラグインハイブリッドやEVに対応する充電器で車載されている充電器を定置型として家庭に設置してしまおうというコンセプトだ。

現在のプラグインハイブリッドやEVは、家庭の電源のACを車両の電源網のDCに変換する充電器をクルマの中に搭載している。その充電器を家庭の充電スタンドに搭載することで、車両の軽量化が可能となるとのことだ。



本体の上部は取り外して持ち運ぶことが出来る。例えば外出して友人の家で充電したいという場合は、これだけ取り外して車両に乗せておけば、家庭用のAC電源からEVを充電することが出来るのだ。


通信制御のECUは、「リーフ」等で搭載されているCHAdeMOと欧州などで採用されているComboに対応しているとのことだが、プラグの形状は、DC用の新タイプだ。消費者としてはコネクターが一つだと非常に便利ではないかと説明員に質問したところ、ACとDCとの違いがあるので別形状がよいと判断しているとのことであった。

自動車メーカー各社が2人以上乗れる小型モビリティーに力を入れているが、こうした製品が普及してくればクルマだけではなく家庭の機器と連携することが可能となり、より便利で省エネな社会になって行くに違いない。

Related Gallery:


【PR】超小型モビリティの購入を考える前に!!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:Seattle university shooting

Related Gallery:How to Keep Pesky Animals Out of Your Garden

Related Gallery:2015 BMW X6

Related Gallery:

Related Gallery:


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:

Related Gallery:Mercedes-Benz A-Class Concept

Related Gallery:HTC Sensation 4G preview!