【レポート】新型SRT「ヴァイパー」が売れない...
Related Gallery:LG Optimus True HD LTE - 相机与屏幕

ハイパフォーマンスが売りの新型SRT「ヴァイパー」が、売上低迷に苦しんでいるというニュースをお伝えしよう。

SRTは当初、毎年約2000台のヴァイパーを販売すると発表していた。ところが、自動車メディア『Automotive News』によれば、今年2月の発売開始から現在までの総販売台数は426台で、さらにディーラーで眠っている在庫車は565台にものぼるという。在庫の余剰を受け、同社はヴァイパーの生産を縮小し、コーナーアヴェニュー組立工場の従業員をデトロイト近郊の他の工場へ異動する予定だという(同社によれば解雇はない予定)。

不振の要因の一つとして言われているのが、ショールームを訪れた顧客に対して、ディーラーが試乗に消極的だったことだ。確かに640hpというハイパワーの同車を運転スキルが定かでない人に試乗させることは、ディーラーにとっても勇気のいることだろう。しかし、この現状を打破するため、クライスラーSRTブランドの社長兼CEOラルフ・ギレス氏は、来月から南東部のディーラーに工場所有のヴァイパーを回し、試乗するチャンスを提供するという。この試みはヴァイパーの売り上げアップの切り札となるか? 今後に注目したい。

By Jeffrey N. Ross
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:LG Optimus True HD LTE - 相机与屏幕


【PR】新型ヴァイパーの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Fujifilm X10: Una X100 más humilde con 12 megapíxeles y visor óptico - IFA 2011

Related Gallery:UHDTV OLED flexible de LG

Related Gallery:Flooding and Tornados in South

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:Kindle Touch (fotos de la presentación)

Related Gallery:Asus Eee Keyboard


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Motorola Xoom China

Related Gallery:Windows Phone 7 platform updates from MIX 11

Related Gallery:Neato Robotics XV-21 (press images)