NTTドコモは、CEATEC JAPAN 2013に、ドライブネットリモコンアプリを参考出品した。このアプリを使えば、運転者がカーナビの目的地を設定することなく、カーナビを使えるようになるというスグレモノだ。

Related Gallery:


以前より展開している"ドコモ ドライブネット"は、ドコモとカロッツェリアが共同開発したカーナビアプリで、スマートフォンやタブレットが"本格カーナビ"にすることができる。

ドコモのネットワークを利用して、最新の地図情報や駐車場満空情報、ガソリン価格情報などの最新エリア情報がリアルタイムに提供され、また専用クレイドルと合わせて使用すれば、広範囲な渋滞情報もリアルタイムで取得が可能となるドライバー向けのカーナビゲーションサービスだ。


今回参考出品されたドライブネットリモコンアプリは、このドライブネットをさらに進化させて、運転者以外の同乗者が持っているスマートフォンやタブレット端末でカーナビとして使用しているスマートフォンに目的地やルート設定情報を送信することができるのだ。

行楽地で次の目的地に出発する際にナビの設定が手間取って出発が遅れたり、渋滞中にルートを変えたいが運転中で変えられないという経験をしたことがある読者にとっては、このアプリをインストールするだけで、同乗者が地図の設定を代行でき、助かるだろう。


スマホからの通信はブルートゥースを通じて行われるとのことで、ほとんどのスマートフォンに対応できそうだ。こんな便利なアプリがいつ登場するのかと説明員に尋ねたところ、運転中同乗者がカーナビでの目的地を次々に変えていくということが安全性に問題があるのではないかということで、すぐに実用化とは行かないようだ。安全も担保しながら、実用化される日を心待ちにしたい。

Related Gallery:



ドコモドライブネットの動画はこちら。


【PR】カーナビの購入を考える前に!!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:

Related Gallery:Seattle university shooting

Related Gallery:2015 BMW X6

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:Acer TravelMate Timeline laptops hands-on


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:HTC Sensation 4G preview!

Related Gallery:

Related Gallery:Mercedes-Benz A-Class Concept