Related Gallery:Mountain Llama Hands-On

マクラーレングループの競技車両部門であるマクラーレンGTが今年の7月に初めてお披露目したサーキット専用モデル「12C GTスプリント」。発表当時、その詳細はあまり明らかにされなかったが、今回新たな情報が判明した。

12C GTスプリントは、公道向けのマクラーレン「MP4-12C」をベースに、エアロダイナミクス、冷却システム、サスペンション、安全性を向上。トラック走行向けのブレーキを装備し、19インチの軽量ホイールにピレリ製のレーシングスリックタイヤを装着している。サスペンションはベース車より40mmローダウンされ、エアジャッキも備えられている。また、ドライバーの安全面も強化。HANS(ドライバーの頭部を守る救命装備)対応の軽量シート、6点式シートベルト、クラッシュの際に役立つ国際自動車連盟(FIA)承認のロールケージなどが装備されている。

マクラーレン・オートモーティブのチーフテストドライバー、クリス・グッドウィン氏は、12C GTスプリントの位置づけは、ロードカーとハイパフォーマンスのレースカーとの中間にあるとし、「12Cの革新的技術を全て引き継ぎ、アクティブ・エアロダイナミックやブレーキステア(コーナーリング時に内側のリアタイヤにブレーキをかけてアンダーステアを抑制)、プロアクティブ・シャシー・コントロールというサスペンションシステムなどを搭載している。その上で、レース向けに多くのスペックを備えることで、12C GTスプリントは特別な1台となっている」と説明している。

12C GTスプリントは現在、マクラーレンのディーラー、またはマクラーレンGTでオーダーを受け付けている。価格は19万5000ポンド(約3100万円)。詳細については、プレスリリース(英語)をどうぞ。

By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー
Related Gallery:Mountain Llama Hands-On


【PR】マクラーレンのトラックの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:CFDA Award Show arrivals

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:Lexus IS F-Sport "25 Aniversario"

Related Gallery:Acer Iconia A1-830


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Windows Phone 7 platform updates from MIX 11

Related Gallery:GE VSCAN

Related Gallery:Nikon D5100 HK Press Con