ダイハツは10月3日、広い室内スペースが特長のトールワゴン型軽乗用車「タント」をフルモデルチェンジ。両側スライドドアの採用等により使い勝手は一段と向上し、エンジン・空力面の改良と軽量化から燃費も改善された。




イタリア語で「たくさんの」という意味の言葉を車名とする「タント」は、ライバルたちより長いホイールベースから得られる室内の広さと、「ミラクルオープンドア」と名付けられたセンターピラーレス・スライドドアによる使い勝手の良さが人気の、「トールワゴン」と呼ばれる軽乗用車。今回のモデルチェンジでは大きく開く助手席側のミラクルオープンドアに加え、運転席側後部にもスライドドアを採用。狭い駐車場でも隣のクルマにドアをぶつける心配なく、両側から乗り降りできるようになった。さらにこれまでよりスライド幅が10cm拡張された助手席を前に寄せれば、フロア長はクラス最大の69.5cmにもなる。この助手席はシートバックにスライドレバーが設けられているので、運転席側や後部座席から動かすことも可能だ。大開口は魅力でも見た感じでは剛性面がちょっと心配になる助手席側ミラクルオープンドアだが、強度が通常鋼板の3倍以上という超高張力ハイテン材をフロントドア後端とリアスライドドア前端部に使用することで、ドアがピラーの役割を果たし、運転席側と同等の強度・剛性が確保されているそうだ。



広さが自慢の室内は、ヘッダ距離(乗員の前頭部からフロントガラスまでの距離)とヘッドクリアランス(乗員の頭上から天井までの距離)をさらに延長し、より乗員が「広さを感じる」ように設計されているという。前席ヘッダ距離、前後席ヘッドクリアランス、そして前後乗員間距離は軽自動車No.1だそうだ。また、ガラス面積が大きく設計されていることにより、車両の周囲30cm圏内に立っている身長1mの子どもが直接目視できるという。見晴らしの良さは事故を未然に防ぎ、運転しやすさにもつながる。

ボディはボンネットやフロント・フェンダー、給油口フタ、バックドアまで樹脂製とすることで約10kgほど軽量化。フロント周りの外板を樹脂化したことは歩行者保護にも貢献し、軽くなったバックドアは開閉が楽になったという。リアスポイラーもバックドアと一体成形が可能になったため、空力性能の向上に寄与するパーツがこれまでより軽量・低コストで採用できたそうだ。さらにAピラーの形状を工夫するなどして「ミラ」並みのCD値を実現したという。



658cc直列3気筒DOHCエンジンはピストンの形状を最適化してノッキングを抑制し、圧縮比を従来の9.0から9.5に上げられたことで燃焼効率が向上。2WDの「L」グレードでJC08モード燃費が25.0km/Lから28.0km/Lに大きく引き上げられている。最高出力52ps/6,800rpm、最大トルク6.1kgm/5,200rpmというスペックは変わらない。「タント カスタム」用のターボ・エンジンにもDVVT(可変バルブタイミングシステム)やCVTサーモコントローラーが採用され、2WDの「RS」グレードでJC08モード燃費は22.2km/Lから26.0km/Lに大幅改善。全車でエコカー減税「免税」レベルを達成した。組み合わされるトランスミッションは全車CVTのみとなる。



足回りの徹底改良、アンダーボディの剛性強化などからロール剛性は大幅に向上。操縦安定性が改善され、カーブのふらつきも抑制されているという。採用グレードが拡大されたフロントスタビライザーは、タントの「X」2WDを除く全車に装着。リアスタビライザーは2WD全車に装備されている。ダイハツによれば「登録車並みの操縦安定性・乗り心地を実現」したという。

両側スライドドアの採用や足回り・シャシーの強化、防音・品質向上などによる避けられない重量増加に対し、ボディ外板の樹脂化と骨格構造の合理化などにより、車両重量は従来と同等を維持。例えば2WDの「X」グレードは、先代型も新型も同じ930kgとなっている。

「低速域衝突回避支援ブレーキ機能」「誤発進抑制制御機能」「VSC&TRC(ビークル・スタビリティ・コントロール&トラクション・コントロール)」「先行車発進お知らせ機能」という4つの安全機能を備えた「スマートアシスト」を搭載する"SA"仕様は全グレードに設定。5万円高で選ぶことができる。



価格はタント「L」2WDの117万円から、タントカスタム「RS "SA"」4WDの175万1,000円まで。先代型と同グレード同士で比べると5万円の値下げ、というかスマートアシスト付きの"SA"が先代と同価格となっている。この実質値下げは、「品質面・原価面で最も素質の良い図面を追求する低コスト化活動」や、「買い方見直しなどの調達改革」を継続して実施することによって実現できた賜物だそうだ。

使い勝手・燃費が向上した新型タントについて、より詳しい情報は以下にご紹介するビデオや公式サイトからどうぞ。

ダイハツ:タント
ダイハツ:タントカスタム

By Hirokazu Kusakabe (Facebook)


Related Gallery:BMW Serie 2 Cabrio (fotos espía)

 
【PR】タントの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:

 
Related Gallery:

 
Related Gallery:Samsung Galaxy S III

 
Related Gallery:BeoLab 12-1, un vistazo más de cerca

 
Related Gallery:Diseño de referencia para tablets Snapdragon 800 en el CES 2013

 
Related Gallery:Toyota FT-HS Concept

 
Related Gallery:10 Cool Facts About Corgis

 
<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:iPhone OS 3.2

 
Related Gallery:XGPS300 Navigation Cradle

 
Related Gallery:Yamaha Pocketrak W24: Engadget Deutschland Hands-On