【ビデオ】ジェイ・レノが本物のバットモービル
米の人気司会者ジェイ・レノの車番組『Jay Leno's Garage』の最新エピソードに、映画『バットマン』シリーズのバットモービル、"タンブラー"が登場したのでご紹介しよう。

このタンブラーは2005年公開の『バットマン ビギンズ』の撮影で使われた本物。単なる小道具ではなく運転も可能で、実際に数多くのスタントシーンをこなしたそうだ。最高速は約90mph(約145km/h)で、リアから顔をのぞかせるジェットエンジンはさすがにフェイクだが、シボレーのV8エンジンを搭載している。



約1年という製作期間と、およそ100万ドル(約9850万円)の費用を費やした完全なカスタムメイドで、今回登場したものを含めて全部で7台が製作されている。ちなみに"かなり軽量"だというその車体重量は、フルサイズSUVであるシボレー「サバーバン」並み(約3300kg)だそうだ。

それでは早速、ジェイ・レノがカリフォルニアの公道でタンブラーを走らせる様子を見てみよう。




By Jeffrey N. Ross
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】タンブラーの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:RK2918 special UI SDK2.0

Related Gallery:In pictures: Jaipur, Rajasthan

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:Motorola Atrix: Apps auf dem Lapdock

Related Gallery:22 Photos of the Worst Prom Outfits Ever


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:VAIO L press shots

Related Gallery:

Related Gallery:ÓÖ´óÓÖ¾ÃµÄ 17" MacBook Pro ÆÀ²â