Related Gallery:


モナコの大公、アルベール2世がシャルレーヌ公妃と共に米ユタ州のウェンドーバーを訪れ、世界で最もパワフルなEV、ベンチュリ「VBB-3」を初披露した。

モナコに本拠地を置くベンチュリオートモービル社は2009年から、米オハイオ大学と共同で最速EVの開発を手掛けてきた。今回は、ユタ州ボンネビルのソルトフラッツで、世界で最も速い電気自動車としてFIAの認定記録を打ち立てる予定だった。しかし、悪天候により、濡れた路面での走行は危険と判断されたため、挑戦を断念。代わりに、大公によるVBB-3のお披露目が実現することとなった。

ベンチュリオートモービル社は、2010年に"Jamais Contente(ジャメ コンタント)"(フランス語で「決して満足しない」の意)号で平均時速495kmというEVの世界最速記録を達成。流線型のボディを持つVBB-3は、この記録を大幅に上回る時速600km(373mph)超えを目指して製作されたジャメ コンタント号の3世代目となるモデルだ。記録達成は残念ながら来年に持ち越されることになったが、目標スピードも時速644km(400mph)超えへとさらに引き上げられた。ちなみにジャメ コンタントという名前は、1899年に史上初めて時速100km超えを樹立したクルマ(なんと電気自動車だった)、ジャメ コンタントにちなんでいる。

それでは当日の模様をビデオでチェックしてほしい。詳細は、プレスリリース(英語)をどうぞ。





By Danny King
翻訳:日本映像翻訳アカデミー
編集:礒嶌まどか

Related Gallery:


【PR】ベンチュリーの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:

Related Gallery:Sony ALTUS ALT-SA31iR, AIR-SW10Ti, ALT-SA32PC, y ALT-A33PC

Related Gallery:Con las manos en el EeeKeyboard de Asus

Related Gallery:Piloti

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:ASUS announced the Padfone

Related Gallery:ViewSonic ViewPad 7x

Related Gallery:CUPP PunkThis hands-on