ダイハツは、インドネシアの子会社であるアストラ・ダイハツ・モーター(ADM)が、9月19日~29日に開催されたインドネシア国際モーターショー2013で、次期型「コペン」とも噂されている「D‐R」の進化モデルもを含め世界初公開となる計8台のコンセプトカーを出展した。

Related Gallery:Daihatsu Indonesia 2013

今回初公開された「D-Rエステート」は、2012年に出展された「D‐R」を進化させ、エレガントで独創的なスタイリングと素材にこだわった上質なインテリアに、660ccエンジンを搭載し、走りの楽しさと低燃費を両立している。


「D-Rエステート」は「D‐R」がオープンカーであったのに対し、ハードトップが載せられた形のハッチバックスタイルで登場した。「コペン」にもこのようなモデルが用意されれば、実用性も上がり、門戸が広がるに違いない。


「UFC2」は、2012年に出展された「UFC」の進化形となるコンセプトカーであり、ADMが中心となってデザインした。ダイハツのスモールカー技術を活かし、運転しやすいコンパクトなボディサイズながら、7人が充分に乗車できる広い室内とインドネシアでの生活に欠かせない利便性を両立したモデルだ。

ホンダ「モビリオ」や日産「GO+」なども同様のコンパクトで7人乗れるコンセプトで登場してきており、量産化されればインドネシア市場では人気が出るに違いない。


「CUV」は、スポーティな外観とバックドアの上下分割開きやリヤシートアレンジで生まれるリヤ空間の活用などで、多彩なシーンで活躍する夢のある Cross-over UtilityVehicleである。インドネシアでデザインされたスタイリングは、なかなか斬新だ。


既に発売されている「アイラ」をベースとして、スポーツマインドをくすぐるエアロタイプの「アイラ GT」、オフロードもこなせるタフな「アイラ クロストラック」と贅沢な雰囲気のあるワンランク上の「アイラ ラグジュアリー」と、3つのコンセプトで「アイラ」の今後の展開を提案している。


「NC-Y」「NC-Z」は、インドネシア市場で好評を博している「アイラ」よりさらにコンパクト性を追求し、二つの方向性で発展させたコンセプトカーである。「アイラ」は「ミライース」で実現した低燃費・低価格を受け継いだモデルであり、「NC-Y」は実用的で知的、「NC-Z」は躍動的で颯爽としたイメージを付加し、「アイラ」のその先にある商品の方向性を示している。

インドネシアでは自動車を新たに買いたい人々が増えており、エントリーカーとしてのコンパクトカーの需要が増大している。コンパクトカーを得意とするダイハツの今後の展開に注目して行きたい。

Related Gallery:Daihatsu Indonesia 2013


【PR】コペンの購入を考える前に!!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:2014 Datsun GO+

Related Gallery:2014 Honda Mobilio

Related Gallery:Daihatsu Copen 10th Anniversary Edition

Related Gallery:Daihatsu Mira e:s

Related Gallery:Daihatsu D-X : Tokyo Motor Show 2011

Related Gallery:Daihastu Midget ~ Suzuki Auto

Related Gallery:Daihatsu Midget


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 10 04

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 10 02

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 09 01