ホンダのインドネシアにおける四輪車生産販売合弁会社であるピー・ティ・ホンダプロスペクトモーターは、インドネシアのジャカルタで9月19~29日まで開催されている"第21回インドネシア国際モーターショー"に、初公開となるアジア市場向けマルチパーパスビークル「モビリオ」のプロトタイプを出展した。


今回投入する「モビリオ」は、インドネシア国内で最も販売台数の多いマルチパーパスビークルの低価格帯市場に、ホンダとしてはとして初参入するモデルとなる。3列シートで乗車定員7名分という広々とした室内空間を特長としながら、現地でニーズの高い全長4m40cm以内の駐車スペースに収まるコンパクトなサイズとなっている。


路面状況を考慮したSUV並の最低地上高185mmを確保しながら軽快な走行性能を実現するなど、インドネシア国内の道路環境や天候、使い勝手を徹底的に現地調査して開発したモデルだ。

エンジンは4気筒1.5L i-VTECガソリンエンジンを搭載し、高い走行性能と低燃費を両立したモデルとして発売を予定している。生産は、2014年1月に稼働予定のインドネシア・カラワン地区のHPM第二工場で行われる予定だ。

ここまでお読みになられた読者はお解かりになられたと思うが、今回復活!?した「モビリオ」は、日本の「モビリオ」との共通点は7人乗りで1.5Lということぐらいだ。特に最低地上高さは、SUVの「CR-V」の170mmをも上回る185mmという点からもインドネシアの独自のコンセプトで開発された車両であることが分かる。(日本では「フリード」が事実上の「モビリオ」後継車だろう。)


今回登場した「モビリオ」は、9月11日に発表された「ブリオ・サティヤ」がベースとなっている。こちらは、1.2L i-VTECガソリンエンジンを搭載し、20km/L以上の低燃費を実現するモデルだ。つまりこの「モビリオ」は、日本の「フィット」に対しての「フィットシャトル」のようにボディをストレッチして作られた派生モデルとなっている。

インドネシアでの現地調査を元にして独特なボディスタイルで作られた新生「モビリオ」は、日本の「モビリオ」と同様に人々の便利な移動手段になるに違いない。

Related Gallery:2014 Honda Mobilio


【PR】モビリオの購入を考える前に!!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Honda Fit With Mugen Parts Photos

Related Gallery:Honda Fit

Related Gallery:Honda Fit Hybrid

Related Gallery:2014 Honda Fit/Jazz Leaked Images Photos

Related Gallery:2012 Honda Fit Sport Photos

Related Gallery:Honda Fit Mugen F154sc

Related Gallery:2013 Honda Fit EV LA 2011 Photos


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 10 04

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 10 02

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 09 01