【賛成or反対】アウディの新型クーペはどっちのコンセプトモデルで開発すべき?
Related Gallery:

Related Gallery:Holden Cascada, Astra and Insignia


今回は、アウディが市販化に向けて開発中の新型クーペ「クワトロ」についての情報をお伝えしよう。
アウディグループのチーフデザイナー、ヴォルフガング・エッガー氏がイギリスの自動車情報サイト『Auto Express』に語ったところによると、新型「クワトロ」の市販化は既に決定しているものの、2010年パリモーターショーで発表したクワトロ コンセプト」をベースにすべきか、先日お伝えしたフランクフルトモーターショーでデビューした「スポーツ クアトロ コンセプト」(以後スポーツ コンセプト)をベースに行うべきか、決めかねているという。

1980年代に発売された初代「Ur-クアトロ」のインスピレーションを受け継いで開発された両車だが、クワトロシステムを採用する以外はサイズやパワートレインに大きな違いがある。クワトロ コンセプトのプラットフォームは、「ゴルフ」やアウディ「A3」にも採用されている横置きエンジンを想定したMQBプラットフォーム。パワートレインは「TT RS」にも搭載されているものと同じで、最高出力408hp、最大トルク48.9kgmを発揮する2.5リッターV5ターボエンジン。サイズも価格帯もコンパクトさが期待出来る。

一方のスポーツ コンセプトは、「A5」に採用されている縦置きエンジンを想定したMLBプラットフォームを採用し、クワトロ コンセプトに比べると、サイズはグッと大きめ。パワートレインはV8ツインターボエンジンと電気モーターというハイブリッドで、最高出力は700hp、最大トルクは81.6kgmを誇る。このようなスーパーカー並みのパワートレインを搭載した同タイプの価格帯は、「R8」以上になると予想される(R8の日本での価格は1799万円から)。

Autoblogでは既にクワトロ コンセプトに試乗済みだが、スポーツ コンセプトにも試乗の予定があるので楽しみにして頂きたい。それでは、今後のクワトロ開発について、以下の投票に参加して皆さんのご意見を是非聞かせてほしい。

%VIRTUAL-Polls-BaqZlw%

By John Neff
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:

Related Gallery:Holden Cascada, Astra and Insignia


【PR】アウディの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:weekend box office

Related Gallery:

Related Gallery:Princess Letizia - Spain


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:HTC Sensation 4G preview!

Related Gallery:HTC Sensation 4G

Related Gallery:Rockchip android 2.3 29xx tablet