日産は多目的商用バンの「NV200」をベースとしたEVである「e-NV200」の開発が最終段階であることを発表した。2014年に発売する予定である同車は、日産EVのラインナップとして「リーフ」に次いで2車種目となる。

Related Gallery:


日産は、ゼロエミッション領域におけるリーダーシップをより確固たるものにすると同時に、商用車市場に大きな革新をもたらすモデルとして「e-NV200」を位置づけ投入するとのことだ。


e-NV200」は、ベース車である多目的商用バン「NV200」が誇る室内の広さや多用途性と、「リーフ」のパワートレインが生み出すEVならではの先進性を併せ持つ商品として、走行時のCO2排出量ゼロを実現しつつ、EVならではの卓越した加速性と静粛性を実現している。

また、先進的なテレマティクスシステムや荷室における電源供給機能などが、さまざまなシーンにおけるビジネスの可能性を広げることに寄与するであろう。


さらに、ガソリンが高騰している中、多くの企業が最も重視するポイントのひとつであるランニングコストについては、同クラスの商用車をリードする優れたレベルを実現している。


e-NV200」は、ディーゼル車やガソリン車のバンと同等の室内の広さや多用途性、実用性を備えると同時に、走行時のCO2排出量がゼロという特徴を併せ持つ。さらに、EV特有の加速性に優れた滑らかな運転フィーリングを実現している。

量産の商用EVとしては先駆けとして三菱の「MINICAB MiEV」があるが、軽自動車という点でその輸送力には限られてきている。「e-NV200」が投入され、再生エネルギーの比率が拡大することで、さらに宅配便などの個別配送時のゼロエミッション化が進むに違いない。

Related Gallery:


【PR】e-NV200の購入を考える前に!!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:

Related Gallery:Dell Venue sample shots

Related Gallery:Sony Handycam Slide

Related Gallery:

Related Gallery:MSI X-Slim X320, X340 y GT725 en nuestras manos

Related Gallery:Kindle

Related Gallery:HP Pavilion HPE Phoenix h9 en vivo

Related Gallery:Windows Phone 7 "Mango" update screens


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Stealth LPC-670 Mini-PC

Related Gallery:HTC Sensation 4G preview!

Related Gallery:Mercedes-Benz A-Class Concept