【フランクフルトモーターショー2013】「ボルボ コンセプト クーペ」は21世紀の「P1800」になるか!?
ボルボは10日に開幕したフランクフルト・モーターショーにおいて、「ボルボ コンセプト クーペ」と名付けられたコンセプトカーを公開した。

Related Gallery:ASUS Transformer Book T300 Chi eyes-on

 
ボルボ コンセプト クーペは、2012年にフォルクスワーゲンから移籍して新たにデザイン部門のトップに就任したトーマス・インゲンラート氏が、ボルボで初めて手掛けたモデル。同時に、ボルボの次世代車台構造「SPA(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャ)」を採用して製作された初のコンセプトカーでもある。




ボルボの新デザインを示唆

ロング・ノーズと後方寄りの小さなキャビンを持つ2ドア・クーペのスタイルは、ボルボが1960〜70年代に販売していた「P1800」を思わせる。もちろんブランドの歴史的遺産や社内製デザインの象徴としてP1800のデザインやディテールを反映させたというが、インゲンラート氏によれば「決してレトロにならないように」それらを使用したそうだ。「エレガントなグランド・ツアラー」として静かな力強さを感じさせるようにデザインしたというインゲンラート氏の言葉によると「威厳を讃えながら横たわるライオンを思い起こしてください」とのこと。ただし、このクーペがそのまま市販化される予定ということではなく、そのデザインは今後続けて発表される2つのコンセプトカーと合わせて、従来型プラットフォームよりも自由度が高いSPAの可能性を示すものであり、市販モデルとしては2014年に発表される新型「XC90」で披露される新しい(つまりはインゲンラート氏が創造する)ボルボ・デザインを予告するものであるという。

今後ボルボの市販車に受け継がれそうなディテールとしては、ヘッドライトに組み込まれたTシェイプ型のデイタイム・ランニング・LEDライトや、ボルボ85年の伝統を受け継ぐエンブレムとグリルを再解釈したという「フローティング・グリル」などが挙げられる。




スカンジナビアン・デザインのインテリア

ボディと同系色のブルー・グレイでまとめられたインテリアで特徴的な装備は、ダッシュボードのセンターにタブレット端末をそのまま組み込んだかのような大型タッチスクリーン。ヘッドアップ・ディスプレイとも連動し、「安全と楽しさの双方をもたらす」人間中心のユーザー・インターフェイスに対する新たなアプローチであるという。革張りのインストゥルメント・パネルや自然な経年変化が楽しめるウッドパネル、織り目が端正なダークブルーのカーペット、そして「スカンジナビアン・デザイン」を象徴するクリスタルのシフト・レバーなどはハンドクラフトによるもので、機械の金属的なディテールと美しくバランスが取れるようにデザインされたそうだ。




4気筒+電気モーターのハイブリッド

パワートレインは環境性能に優れ、しかもパワフルなプラグインハイブリッドを搭載。2.0リッター直列4気筒「ドライブ-E」エンジンでV8並みのパワーを実現するため、スーパーチャージャーとターボの両方を装着。さらにリア・アクスルに搭載された電気モーターとの組み合わせにより、システム全体で約400hpの最高出力と600Nm(61.2kgm)を超える最大トルクを発揮するという。

このボルボの次世代4気筒エンジンであるドライブ-Eは、市販車向けとしては306hpを発揮する「T6」と245hpの「T5」という2つのガソリン・ターボ、それに181hpを発生するディーゼル・ターボ「D4」の3種類が用意され、2013年秋より「S60」「V60」「XC60」などのモデルに採用されていく予定だ。

将来ボルボが製造する市販車の大半で採用されることになるというSPAは、自動運転テクノロジーへの対応も考慮して設計されており、まずは2014年に発表される自動ステアリングをはじめ、2020年までには公道上で完全に自動運転が可能な車両の実現を目指しているという。




スウェーディッシュGTの復活は!?

イタリアのカー・デザイナーであるピエトロ・フルアの下で学んでいたペレ・ペッテルソンがデザインしたといわれるP1800に比べると、ボルボ コンセプト クーペのスタイルは横から見ると前後(特にリア)のオーバーハングが極端に短く、21インチのホイールがかなり大きく見える。"流麗さ"という点では過去の名車に劣るかも知れないが、このデザインが実は次期型XC90、ということはクロスオーバー車のデザインを示唆すると思えば、まあ何となく納得がいく。21世紀のP1800登場にも期待を残しつつ、フランクフルトから届いたギャラリーの写真と公式ビデオをお楽しみいただきたい。


By Hirokazu Kusakabe (Facebook)

Related Gallery:ASUS Transformer Book T300 Chi eyes-on

 




【PR】ボルボ P1800の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Logitech AudioHub

 
Related Gallery:Numerical for iOS

 
Related Gallery:Dell Inspiron 20

 
Related Gallery:

 
Related Gallery:Cosworth Power Packages for Subaru BRZ and Toyota 86 Photos

 
Related Gallery:

 
Related Gallery:ASUS Transformer Book V

 
Related Gallery:Rallye Rías Baixas 2014

 
Related Gallery:Dell Inspiron 13 7000 series hands-on

 
Related Gallery:LG G3 動手玩