【フランクフルトモーターショー2013】ジャガー初のクロスオーバー「C-X17」コンセプトがお目見え
Related Gallery:

Related Gallery:Dell Inspiron 13 7000 series hands-on


今月10日に開幕したフランクフルトモーターショーで、ジャガーが同ブランド初となるクロスオーバーSUVのコンセプトカー「C-X17」をお披露目した。

「C-X17」の最大の特徴は、ジャガーが開発に力を入れている軽量で剛性に優れた新しいアルミ製のモノコックボディだ。ジャガーは将来的にこの新開発のモノコックを同ブランドのモデルに広く導入していく予定で、新開発のモノコックを採用した最初のモデルとなるミッドサイズセダンを2015年に投入するため開発を進めているそうだ。



外観は、ジャガーの最近のモデルのデザインをうまく取り込んでおり、大きめの四角いフロントグリルは「XF」と「XJ」を、テールランプは「Fタイプ」を連想させる。内装はシートやインパネなどにコノリーレザーを使うなど高級感ある造りになっている。

「C-X17」の公開により、ジャガーには世界的に売れ行きが好調なSUV市場への参入の意向があることが明らかとなったが、SUVを展開する兄弟ブランドのランドローバーとの棲み分けが気になるところだ。

それでは早速ギャラリーをチェックしてほしい。またプレスリリース(英文)とデザイナーのイアン・カラム氏が登場するビデオも併せてどうぞ。




By Chris Paukert
翻訳:日本映像翻訳アカデミー
編集:礒嶌まどか

Related Gallery:

Related Gallery:Dell Inspiron 13 7000 series hands-on


【PR】ジャガーの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Mercedes 190E 2.3-16

Related Gallery:

Related Gallery:Amazon Fire Game Controller hands-on

Related Gallery:HP ENVY x2

Related Gallery:E-Lead's Product in Computex 2009

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Mercedes-Benz A-Class Concept

Related Gallery:iPad G-Form Sleeve