ロンドンで建設中の高層ビルが原因で、周辺の路上に駐車した自動車の一部が熱により変形してしまうという驚きの事故が起きた。

原因となった建設中のビルは、正面全体がガラス張りで凹状にカーブしている。そのため凹面鏡で太陽光を集めるのと同じように、窓ガラスに当たった太陽光が強烈な光線となって、路地に止めてあったジャガーXJのサイドミラー、プラスチック製のCピラーカバーとエンブレムを変形させてしまったようだ。

幸いこの建設会社は良心的で、事故に気付いたこの会社関係者が被害に遭ったジャガーに連絡先を書いたメモを残し、自らの責任を認めて946ポンド(約15万円)の損害金を支払ったそうだ。また、同社はビルが建つ地域との共同声明で、開発担当がビルの照り返しによる懸念事項を認識しており、調査に乗り出すと発表している。同時に役所も技術的な解決策が得られるまで、ビルの反射光が当たるいくつかの路上駐車スペースを閉鎖することにしている。

似たようなケースでは、ロサンゼルスにあるリボン状のステンレスでできたフランク・ゲーリー設計のウォルト・ディズニー・コンサートホールの照り返しが、周囲の気温上昇を招き、さらに二輪車ライダーの視界を妨げて事故の原因となるとされ、建物の表面がマット仕上げに変更されている。



By John Neff
翻訳:日本映像翻訳アカデミー
編集:礒嶌まどか


【PR】ジャガーXJの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう


<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:2012 Jaguar XJ Sport and Speed

Related Gallery:2010 Jaguar XJ

Related Gallery:Jaguar Project 7 Concept Photos

Related Gallery:Jaguar F-Type Coupe patent drawings

Related Gallery:1961 Jaguar E-Type


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:tokyo-auto-salon-girls-07-05

Related Gallery:tokyo-auto-salon-girls-07-04

Related Gallery:tokyo-auto-salon-girls-07-03

Related Gallery:tokyo-auto-salon-girls-07-02

Related Gallery:tokyo-auto-salon-girls-07-01