Related Gallery:


ホンダは、9月6日、今や同車のコンパクトカーの代表機種となった「フィット」「フィット ハイブリッド」をフルモデルチェンジして発売する。

それに先だって、行われた発表会で、本田技研 工業代表取締役社長の伊東孝紳氏は「新型フィットはスモールカーの枠を越えた、魔法のような燃費と走り、ユーティリティーとデザインを実 現させている」「一番にこだわって国内最高の燃費を達成した」と述べた。

確かに、2001年にデビューした初代「FIT」 は、当時、クルマ作りの常識を覆したと言われるガソリンタンクを定石のリアから車体中央下部に移したセンタータンクレイアウトの採用で、 優れたパッケージングを実現し、高いユーリティー性と、機敏な繰案を獲得して人気を博した。
3代目となる今、「フィットシリーズ」ハ世界123ヶ国、累計販売台数487万 台を誇るHondaの金看板となっている。



また、フィットシリーズは、1958年の発売以来、世界160ヶ 国で8,350万台以上を販売したSuperCubの 普遍的価値を範として、効率的なスペース、最高水準の燃費、カッコよさの要素からなる"驚き"をコンセプトとしている。

「FIT3」 となったこの3代目は、新開発の1.3Lア トキンソンサイクルDOHCiーVTEC、1.5L直噴DOHCiーVTECを採用する「フィット」、1.5Lア トキンソンサイクルDOHCiーVTECを 採用した「フィット ハイブリッド」とも、クラストップの燃費性能を誇り、とりわけ「フィット ハイブリッド」は36.4km/L(JC08モード)で国内最高の低燃費を実現している。



因みに、パワートレインは、「EARTH DREAM TECNOLOGY(アース・ドリーム・テクノロジー)」に基づいて刷新され、13Gシ リーズの1.3LアトキンソンサイクルDOHCiーVTECと軽量コンパクト化しワイドレンジ化を図った新開発のCVTの採用でクラストップレベルのクラストップレベルとなる26.0km/Lの低燃費を実現。15X/RSで も、新開発の1.5L直噴DOHC i-VTECエンジンを採用し力強い走りと上質なフィールを実現し、従来モデルに対して最高出力を約10%向上させている。

そして、HYBRIDで は、1.5LアトキンソンサイクルDOHC i-VTECエンジンに高出力モーターを内蔵した7速DCTと、リチウムイオンバッテリー内蔵のIPU(イ ンテリジェントパワーユニット)を組み合わせ、国内最高となる36.4km/Lの低燃費を実現し、電力回生効率を高める電動サーボブレーキシステムと、エンジン負荷を 低減するフル電動コンプレッサーなどの採用で、従来のIMAハイブリッドシステム に比べて35%以上の燃費性能向上を達成。走行状況に応じてエンジンとモーターを 接続・切断することで、モーターのみの「EVドライブ」、エンジンとモーターの 「ハイブリッドドライブ」、エンジンのみの「エンジンドライブ」という3つの走行 モードを実現する。



また、エクステリアデザインに、先進性(HighTech)と骨格・構成(HighTension) と面質・高い質感(HighTouch)をキーワードとする、Hondaの新たなデザインコンセプトである「EXCITING H DESIGN!!!(エキサイティング H デザイン!!!)を用い、「フィッ ト」らしさを受け継ぎ、さらにダイナミックに進化したクロスフェードモノフォルムエクステリアデザインを採用し、コンパクトカーのベンチ マークとして先進性を追求。広さと快適さはそのままに、上質感と運転のしやすさをさらに高めたソフィスティケイテッド・フューチャリス ティック・コックピットを具現化し、未来的で運転に集中できるコックピット空間や開放的な助手席、ロングドライブでも快適なリアシートな ど、それぞれの空間に求められる機能と価値を徹底的に向上させ、快適で楽しいドライビングのためにドライバーの瞬間認知・直感操作を突き 詰めた先進のインターフェースを創り出している。

初代「フィット」からホンダのコンパクトカーに革新をもたらしてきた、センタータンクレイアウトを採用するプラットフォームを完全に新開発とし、室内空間とパッケージングの自由度を大幅に拡大。同時に、優れた燃費と爽快な走りの両立を徹底的に 追求するために製造手法や解析方法を刷新して、軽量化と高剛性化を高い効率で実現。防音材と遮音材の適用面積を最大化してミドルクラス乗用車並みの静粛性能を実現するとともに、段差の乗り越え時に発生するショックノイズを大幅に低減するなどが行われ、さらに、ルーフ周りの 整流に加え、フロントピラーやリアコンビネーションランプ、ボディ下面に至るまで細部にわたって空気の流れに配慮し、空気抵抗を低減も図 られている。



加えて、ホンダ独自のGコントロール技術による自己保護性能と相手車両への攻撃性低減を両立したコ ンパティビリティ対応ボディや、万が一の際に歩行者へダメージを与えやすいボディ前部に衝撃をやわらげる構造の歩行者傷害軽減ボディを採 用し、優れたパッシブセーフティーを実現。事故の未然防止を目指すアクティブセーフティーは、VSA(車 両挙動安定化制御システム)やヒルスタートアシスト機能に加え、急ブレーキ時に後続車へ注意を促すエマージェンシーストップシグナルを全タイプに標準装備。追突や発進時の事故被害を軽減し、安全運転をサポートするCity-Brake Active system(シティブレーキアクティブシステム)を新開発し、サイドカーテンエアバッグシステムと前席用i-サイドエアバッグシステム(容量変化タイプ)もセットにした「あんしん パッケージ」をタイプ別にオプション設定。先進の安心・安全性能も採用するなど、全方位でこのホンダを代表するスモールカーに対しての取り組みの本気度を強く感じさせてくれる。

13GはCVT・FFの1,265,000円から、SパッケージのCVT+パドルシフ ト・4WDの1,749,000円 まで。15XはCVT・FFの1,580,000円から4WDのLパッケージの1,869,000円。RSは6MT・FF、CVT+パドルシフト・FFとも1,800,000円。そして、HYBRIDは、 高出力モーター内蔵7速DCT・FFの1,635,000円から、 パドルシフト付きの1,930,000円まで19機種の設定で、車体色は11色 の展開となる。

ともあれ、最大の関心事は、国内トップの燃費性 能と、スポーティーな走りの両立を狙った
「フィット ハイブリッド」の存在、改めてインプレッションをお届けしたい。

Related Gallery:


【PR】インターナビの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Acer TravelMate Timeline laptops hands-on

Related Gallery:Weed Fairy

Related Gallery:Amy Paffrath

Related Gallery:Canon EOS M 實拍圖集(Sample Shots)

Related Gallery:Dynasty Warriors 8 PC (5/4/2014)


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:GE VSCAN

Related Gallery:Mercedes-Benz A-Class Concept

Related Gallery:HTC Sensation 4G preview!

Related Gallery:Chiling Lin at the Sony Internet TV annouce press

Related Gallery:Stealth LPC-670 Mini-PC