アウディ、ハイブリッドの「スポーツ クワトロ コンセプト」をフランクフルトに出展!
アウディは、かつて世界ラリー選手権のために開発された「スポーツ クワトロ」の誕生30周年を記念し、9月10日に開幕するフランクフルト・モーターショーにその血統を受け継ぐハイブリッドのコンセプトカー「アウディ スポーツ クワトロ コンセプト」を出展すると発表。その画像と概要を公開した。

Related Gallery:Audi Sport quattro concept

 
グループBマシンの名前を受け継ぐ

1983年の同じフランクフルト・モーターショーで発表された「スポーツ クワトロ」は、当時の世界ラリー選手権で採用されていたグループB規定に基づき、ホモロゲーション獲得のために200台のみが販売されたスポーツ・モデル、というよりコンペティションカーのロードバージョン(下の画像)。それから今年でちょうど30周年となるため、アウディはそのイメージを受け継ぎつつ最新のテクノロジーを投入して現代版のスポーツ クワトロを製作。コンセプトカーとしてお披露目するという。



将来の市販車デザインを示唆

かつてのスポーツ クワトロ同様、2ドア・クーペ型ボディを纏ったスポーツ クワトロ コンセプトのサイズは、全長4,602mm × 全幅1,964mm × 全高1,386mm。ルーフ後端からリア・エンドまで延びる太いCピラーや、エンジンフードのサイドに開けられたスリットなどに、過去の名車に対するオマージュが感じられるが、全体的な印象は超ショート・ホイールベースに仕立てられたグループBマシンのスポーツ クワトロとそれほど似ているわけではない。ホイールベースは2,784mmと「A5」より長く、代わりにオーバーハングが切り詰められている。1980年代のスポーツ クワトロの形を現代的にアレンジした、いわゆる"復刻デザイン"ではなく、"2ドア・クーペでパワフルなクワトロ"というコンセプトを受け継ぐということらしい。

過去のモデルの現代語訳ではなく、アウディ最新のデザイン・スタディとして見れば、ハニカム・メッシュが埋め込まれた六角形の「シングルフレーム・グリル」や、「アウディ マトリックスLED」を採用するヘッドライト、マルチファンクション内蔵のステアリング・ホイールなどは、近い将来に登場する量産モデルで採用される可能性もあるようだ。



4名が乗車可能な室内

手を近付けると自動的に出てくるというドアハンドルを引けば、車内には4名乗車可能なスペースが拡がる。前席には可倒式バケット・シートを採用。シートバックを倒して後部座席にアクセスする。トランクリッドを開けると容量300リッターの荷室も用意されているそうだ。コクピットにはマルチファンクション・ステアリング・ホイールとヘッドアップ・ディスプレイを装備。ダッシュボードのデザインはグライダーの翼からヒントを得たものだとか。8,000回転まで刻まれたタコメーターをメーター・クラスタの中心に据え、その横にはストップウォッチや各地のサーキットに関するデータが入ったセットアップ画面が表示可能だという。



V8エンジン+1モーターのハイブリッド

フロントに縦置きされるエンジンは、最高出力560hpと最大トルク71.4kgmを発揮する4リッターV型8気筒ツインターボ。8速ティプトロニック・トランスミッションとの間にディスク形状の電気モーターが搭載され、こちらは110kWと40.8kgを発生。システム合計で最高出力700hp、最大トルク81.6kgmにもなり、リア・アクスルにスポーツ・ディファレンシャルを備えた「クワトロ」システムを介して4輪を駆動する。サスペンションはフロントが5リンク式、リアはトラペゾイダル式と、多くの市販モデルと共通の型式を採用。タイヤは前後とも285/30R21。カーボンファイバー・セラミック製のブレーキ・ディスクを装備する。

車体後部に積まれた14.1kWhのリチウムイオン・バッテリーは、アウディの「ウォールボックス」と呼ばれる充電設備から充電可能なプラグイン・ハイブリッド。3種類用意されている走行モードからEVモードを選べば、電気モーターのみで最大50kmを走行できるという。ハイブリッド・モードでは燃費効率が最良となるようにエンジンとモーターを制御。ナビゲーション・システムが最も効率のよいルートを案内する。そしてスポーツ・モードに切り替えれば、モーターは"電気ブースト"役に回り、最大のパワーとパフォーマンスが引き出せるという。0-100km/h加速は往年のラリーカーが叩き出した記録と同等の3.7秒、最高速度は305km/hに達する一方で、平均燃費は何と40km/リッターにもなるとか。

乗員スペースを取り囲むセルの構造は超高張力鋼板製パネルと鋳造アルミニウムを組み合わせたもの。フェンダーとドアはアルミ製で、ルーフ、ボンネット、リア・ハッチはカーボンファイバー強化ポリマー製。この軽量構造により、車両重量はバッテリーパックを含めても「たった1,850kgに抑えられている」とアウディは言う。これは4気筒エンジンを積む「A6 ハイブリッド」と同じ数値。4.2リッターV8を積む「RS5」より40kg重いだけだ。



市販化の可能性は...?

アウディによれば「クワトロとは単なる技術ではなく、哲学である」という。また「ドライビングの安全性とスポーツ性、技術的な能力、そして人生に対するダイナミックなアプローチを表す」そうだ。これまで500万台以上の4輪駆動車を販売してきたというアウディが、過去の作品に向けたオマージュの形を採りつつ、将来の市販車を予告するデザイン、テクノロジーを並べて見せようというこのスポーツ クワトロ コンセプト。同名のコンセプトカーは2010年にも発表されているので、アウディが2ドア4シーターのスポーツ・モデルを検討し、市場を探っていることは確かだろう。このまま市販化されるわけではなくても、ハイブリッドの「RS」シリーズが将来登場することは十分に考えられる。実車の写真がフランクフルトから届いたら、また後ほどご紹介しよう。


By Hirokazu Kusakabe (Facebook)

Related Gallery:Audi Sport quattro concept

 
【PR】スポーツ クワトロの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Audi Quattro Concept Quick Spin Photos

 
Related Gallery:video audi quattro concept plays with our emotions

 
Related Gallery:1983 Audi Quattro tribute Photos

 
Related Gallery:Audi R8 Coupé 5.2 FSI quattro

 
Related Gallery:Audi Minato Mirai Grand Open

 
<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Tokyo autosalon 2013 girls 09 04

 
Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 08 04

 
Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 07 04

 
Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 06 02

 
Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 05 01