ホンダは、インターナビ・リンク会員向けに、災害発生時に全国のインターナビ装着車から集められた通行実績情報や、クルマに異常が発生した際にメーターに表示される警告灯の情報を、車載ナビゲーションやスマートフォンアプリで確認できる機能を9月5日以降順次追加すると発表した。

特に東日本大震災などの災害時に、被災地域の居住者や被災地域へ支援に向かう方々のスムーズな移動を支援する目的で、全国のインターナビ装着車から集められた 走行データを活用した通行実績情報をWebで公開していたが、今回追加する機能によって車載ナビゲーションやiPhoneアプリでの確認が可能となった。


また、急減速が多発している交差点に接近すると、その旨をドライバーに事前に知らせ、安全確認を促す安全運転コーチング機能も車載ナビゲーションに順次追加し、ドライバ-のより安全・安心なドライブにつながるよう、インターナビの機能を強化するとのことだ。


上の写真は、iPhoneアプリにて表示した画像だ。インターナビ・リンク会員向けとはいえ、ホンダ車だけでなく、他のクルマで移動中でも同様のサービスを利用することが出来るのはありがたい。

災害時に道路寸断の恐れなどがある場合でも、通行実績情報により通行可能な道路を一目で確認することが可能となる通行実績情報をナビへ反映する機能に関しては、震度6弱以上の地震や集中豪雨(降雨量等により個別に判断)などの災害が発生した際、対象地域の通行実績情報を車載ナビゲーションやiPhoneアプリ"インターナビ ポケット"の地図に反映されるとのことだ。

対応車種は「アコード ハイブリッド」シリーズや新型「フィット」シリーズ以降の予定だ。詳細はディーラー等で確認して欲しい。


加えて今回は、警告灯サポートの機能も追加となった。 新型「フィット」からエンジンシステムやエアバッグシステムなどに発生する車両の異常を検知してメーターの警告灯が点灯したときに、その警告内容と対処方法を車載ナビゲーションやスマートフォンアプリ「インターナビ・リンク」、パソコンに通知・表示する機能が追加された。

この機能により、警告灯が表示された場合に、故障時の対処方法をすぐに確認し、迅速な対応につなげることができるのだ。

アウディ「A3 スポーツバック」に日本初のWi-Fi機能が搭載され話題となっているが、ネットとクルマの親和性が深まることによってより安全で快適なカーライフが送れるようになることは間違いない。

Related Gallery:


【PR】インターナビの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Acer TravelMate Timeline laptops hands-on

Related Gallery:

Related Gallery:Amy Paffrath

Related Gallery:Canon EOS M 實拍圖集(Sample Shots)

Related Gallery:Contributor Beauty Awards: Nails


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:GE VSCAN

Related Gallery:Mercedes-Benz A-Class Concept

Related Gallery:HTC Sensation 4G preview!

Related Gallery:Chiling Lin at the Sony Internet TV annouce press

Related Gallery:Stealth LPC-670 Mini-PC