【ビデオ】トヨタ「ランドクルーザープラド」が大幅改良
Related Gallery:


トヨタ新型「ランドクルーザープラド」のフェイスリフト画像を先日お伝えしたばかりだが、今度は同車のオフィシャルビデオが届いたので早速ご紹介しよう。

ヨーロッパで8月26日に先行発表された新型の一番の特徴と言えば、フロントグリルだろう。大型化し、"縦"のデザインを強調したグリルは、現行型に比べより存在感を増している。また、ヘッドライト、サイド、テールランプ、リアのナンバープレート周辺のデザインも変更され、3ドア(ショートホイールベース)、5ドア両モデル共にフロントのオーバーハングは現行に比べ20ミリ長くなったが、アプローチアングルはそのままだという。

インテリアは2列目と3列目のシートデザインの変更だけでなく、ファブリックやカラーリングも一新。コントロールパネルを始め、オプティトロンメーター、オフロードへのドライビングファンクション、ギアスイッチなども新しくなった。更にタッチスクリーンの「Toyota Touch 2」、ナビゲーションシステム「Toyota Touch 2 with Go」と呼ばれるインフォテインメントもアップグレードされている。

変更はそれだけではない。走行性を向上させるためにサスペンションが改良され、車の死角を検出するリア・クロス・トラフィック・アラートも搭載。オフロード走行を補助するマルチテレインモニターが改良され、5つのモードから選べるマルチテレインセレクトや5段階の速度調整が可能なクロールコントロールがより簡単に操作でき、オフロード走行時でも快適な乗り心地を実現する。

グレードは「Entry」「Legend」「Prestige」「Executive」と4つとなり、様々なオプションも用意されているという。ここで全てを語るには余りにも多くの改良が施されているので、詳しく知りたい方はビデオやプレスリリース(英文)をぜひ参照して欲しい。



By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー
編集:礒嶌 まどか

Related Gallery:


【PR】ランドクルーザープラドの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Oculon's "toy" projectors

Related Gallery:

Related Gallery:Bueller house

Related Gallery:

Related Gallery:


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Mercedes-Benz A-Class Concept

Related Gallery:Stealth LPC-670 Mini-PC

Related Gallery:Rockchip Android TV R-BOX

Related Gallery:HTC Sensation 4G preview!

Related Gallery:Chiling Lin at the Sony Internet TV annouce press