北米日産が、2015年の末までに海外への輸出地域を倍増させる戦略を打ち出した。

同社はグローバル展開の強化の手始めとして、テネシー州スマーナ工場で生産している2014年型のSUV「パスファインダー(日本未発売)」のオーストラリアとニュージーランドへの出荷を開始。これによりスマーナ工場からの輸出先は61カ国となったが、同社は2015年の末までに現在の倍となる119の国や地域への輸出を目指している。



また米国内にある工場の生産能力の増強や、メキシコやブラジルの新工場稼働により、来年初めまでに南北アメリカにおける同社の生産量は200万台に達する見込みだという。

ではニュース仕立てのオフィシャルビデオで、「パスファインダー」が自動車運搬船に乗り込む様子をご覧いただきたい。詳細が気になる方はプレスリリース(英語)もチェックしよう。




By Jeffrey N. Ross
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】パスファインダーの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!


<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:iPad G-Form Sleeve

Related Gallery:old dv6 Bench

Related Gallery:Rockchip Android TV R-BOX

Related Gallery:Rockchip android 2.3 29xx tablet

Related Gallery:HTC Sensation 4G