「そのナンバープレートを9億円で譲って!」「ヤダ!」 英で話題の景気のいい話
Related Gallery:


今回は、英国の「F1」というバニティプレート(持ち主がアルファベットや数字を自由に選んだナンバープレート)を持つ人物が、そのプレートを「930万ドル(約9億円)で売ってくれ」とオファーされたにも関わらず、見向きもしなかったという英で話題のニュースをご紹介しよう。

このプレートの持ち主は、オリジナルホイールの製造と販売で有名な英カーン・デザイン・リミテッド社のデザイナー兼実業家のアフザル・カーン氏。彼はこのプレートを2008年に行われたオークションで、87万ドル(約8400万円)で手に入れていたのだが、何とそれを930万ドル(約9億円)で買いたいという人が現れた。ナンバープレートに約9億円を提示するとはスゴイ人もいるものだが、それを断ったカーン氏はもっとスゴイと言えるだろう。

英日刊紙『デイリー・メール』によると、カーン氏がライセンスプレートを売却しなかった理由を「お気に入りナンバープレートだから」。また、このプレートを同氏が2008年に手に入れた理由を「今後このプレートの値段が上がるであろうと見越したから」と伝えている。ちなみに同氏は、このプレートを手にした直後、すぐに自身の愛車の1台である「SLRマクラーレン」に取り付けたそうだ(右の写真)。

カーン氏はこの「F1」のナンバープレートを現在、ブガッティ「ヴェイロン」に付けているが、「4HRH」(His Royal Highness : 皇太子の意)のナンバープレートを付けた「マイバッハ57」なども所有している。今回の一連のやり取りは、大金持ちのカーン氏だからこそできたことだろう。

By:Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:


【PR】ヴェイロンの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:

Related Gallery:Uncover MacBook lid modification

Related Gallery:Sony's camera and camcorder lineup from CES 2010

Related Gallery:Case-Mate at CES 2010

Related Gallery:Motorola Sage confirma prácticamente su existencia con nuevas apariciones estelares


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Pretec Booth(Lots of Affordable SSD)

Related Gallery:CUPP PunkThis hands-on

Related Gallery:ViewSonic ViewPad 7x

Related Gallery:ASUS Padfone first hands-on

Related Gallery:OPPO Android Phone New UI