Related Gallery:Editors' Picks: The Perfect Summer Car


トヨタ「86」(北米ではサイオン「FR-S」:写真上)の開発責任者である多田哲哉氏が、次期「86」は現行モデルよりもパワーアップしたエンジンを搭載することを明らかにした、と豪メディア"Sydney Morning Heral"が報じた。

86の次期型についてはすでにターボチャージャーやスーパーチャージャー、ツインチャージャー、あるいはハイブリットエンジンが搭載されると噂されているが、今回の報道で新たに「排気量のアップ」という可能性も加わったことになる。

多田氏によると、現在、ターボチャージャーやハイブリッドと並行し、現行の2.0リッターより排気量を増加させたエンジンのテストを行っているという。内部関係者の情報では、次期モデルの排気量アップはトヨタ社内でかなり前向きに検討されており、実現すれば、エンジンは2.5リッター、最高出力は現行モデルより50hp増の250hpとなる可能性が高い。

排気量アップは一見するとシンプルな解決策だが、次期86モデルは想像を超えるクルマとなるかもしれない。多田氏は、「次期モデルは水平対向エンジンを搭載せず、現行モデルとは全く異なるクルマになるかもしれない」とほのめかしつつ、エンジンは次期モデルのコンセプトが確定した上で選定するつもりだ。とコメントした。現行のように1種類のエンジンではなく、小型クロスオーバーのレクサス「NX」のために開発したターボチャージャー付き4気筒やキャパシター(蓄電池)付きハイブリッドシステムといったパワートレインを選べるようになる可能性もある。スバル「BRZ」についての展開はまだ明らかにされていない。

さてここで一つ、皆さんにお伺いしたい。

次期トヨタ86(およびスバルBRZ)はどのようにしてエンジンをパワーアップすべきだろうか?ぜひご投票いただきたい。

%VIRTUAL-Polls-BaASTQ%

By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー
編集:礒嶌まどか

Related Gallery:Editors' Picks: The Perfect Summer Car


【PR】86の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!


<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Bound By Flame (03/14/14)

Related Gallery:Nokia 6700 slide

Related Gallery:Samsung's 64GB SATA II SSD

Related Gallery:

Related Gallery:


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Vodafone charging truck

Related Gallery:CUPP PunkThis hands-on

Related Gallery:Shuttle tablets at Computex 2011

Related Gallery:Intel Keeley Lake concept convertible

Related Gallery:Pretec Booth(Lots of Affordable SSD)