マツダモーターヨーロッパは、次期型「アクセラ(Mazda3)」で広島からドイツのフランクフルトまでの約15000kmを耐久テストする"マツダ・ルート3"にチャレンジし、その行程を公式HPに公開している。今回のこのチャレンジは、30日間、2つの大陸、5つの国を横断する壮大な規模で行われる。


スタート地点となるマツダの防府工場でのカット。公式ビデオではその製造工程の一部も公開している。もちろんヨーロッパまでの道のりを走るために用意された車両は左ハンドル仕様だ。この防府工場は7月の末に出発している。



その後、車載トラックで横浜港まで陸送され、ロシアへと船で移動。今回チャレンジする「アクセラ」は8台。船内では未発売の車両が整然とと並べられている。



8月頭にはロシアに上陸し、8月20日現在、ゴールまでの走行距離7588kmに位置するロシア・アルタイ共和国のアルティバシュを走行中だ。ここまでの道のりは写真のような未舗装路も多く、スタートから多くの時間を費やしている。ちなみに伴走車としては、CX-9が採用されているようだ。

スタートからロシアまでの公式動画はこちら。


"マツダ・ルート3"は、1977年に「ファミリア(現地名Mazda323)」をヨーロッパに初投入する際や「カペラ(Mazda626)」でもチャレンジしたコースでもある。今回のチャレンジは先輩が歩んできたクリアして当然の関門かもしれない。残り半分のチャレンジも引き続き注目して行きたい。

ファミリアやカペラでの挑戦動画はこちら。

Related Gallery:

(訂正とお詫び)文中の伴走車についてCX-9をCX-7と誤記をしておりました。訂正しお詫びいたします。ご指摘いただきました読者様ありがとうございます。

【PR】アクセラの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:

Related Gallery:Rare US car collection

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:Ariel Atom 500 V8


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Mercedes-Benz A-Class Concept

Related Gallery:Stealth LPC-670 Mini-PC

Related Gallery:HTC Sensation 4G preview!

Related Gallery:Chiling Lin at the Sony Internet TV annouce press

Related Gallery:GE VSCAN