【レポート】ホント!? ニュージーランドの女性が300kmもの距離を居眠り運転
今回は、にわかには信じ難い、ニュージーランドに住む女性の居眠り運転のニュースをご紹介しよう。

実はこの女性は、睡眠障害を患っており、居眠り運転をした当日も、自宅を出発する前に睡眠薬を服用していた。女性からのメールを受け取った友人は、女性が日頃から睡眠薬を服用していることを知っており、さらにメールの内容が意味不明だったことから、彼女の居眠り運転を疑い警察に連絡。警察は女性の携帯電話の位置情報をもとに捜索を開始した。結局女性は、奇跡的に事故に遭うこともなく、以前住んでいた家の前で車を止め、ハンドルに覆いかぶさるように倒れこんでいるところを発見された。

女性は、運転していたことも、メールを送ったことも全く記憶にないという。警察は女性に対し、車の運転を禁止。今後、医師の診断をもとに、彼女に運転免許証の所持を認めるかどうかをあらためて判断するという。
当たり前の話だが、居眠り運転は重大な事故につながる恐れがある。運転中に眠気を感じた時は、車を止めて休憩するなどの対策をとり、居眠り運転の防止に努めていただきたい。

By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】居眠り運転を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Bueller house

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:Hands on with Nikon Coolpix

Related Gallery:Acer F900 hands-on


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:HTC Sensation 4G

Related Gallery:Rockchip Android TV R-BOX

Related Gallery:USB COOL

Related Gallery:GE VSCAN

Related Gallery:Fujitsu LOOX F-07C could be phone with Windows 7 and Symbian