米のコレクターがオーダーしたアストンのワンオフがついにお披露目!
Related Gallery:


先日米国で開催されたイベント、Motorworks Revivalで、アストンマーティンは新型「ヴァンキッシュ ヴォランテ」と「V12 ヴァンテージS」の市販仕様車を北米デビューさせたが、さらに会場には同社の「One-77」と「DB9 Spyder Zagato Centennial」も姿を見せた。

DB9 Spyder Zagato Centennialは、イタリアの名門カロッツェリア、ザガートが、アストンマーティンの創業100周年を記念してデザインしたワンオフモデル。今年7月に製作することが発表された2モデルのうちの1台で、アストンマーティン車のコレクターとして知られる米国人、ピーター・リード氏のために作られた。エクステリアに関しては、ベースとなった「DB9 ヴォランテ」の滑らかなデザインが一新され、角張った印象に仕上がっている。ちなみに、もう1台の「DBS Coupe Zagato Centennial」は、日本人の若手実業家の元に届けられるという。

それでは、写真ギャラリーで、貴重なワンオフの姿をじっくりご覧いただこう。

By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:


【PR】アストンのワンオフの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:Limited Edition BR02-8 Infiniti Carbon Case Purple 8 Pro Dial Photos

Related Gallery:Acer Iconia W4

Related Gallery:



<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Samsung Galaxy S II user interface

Related Gallery:Samsung Galaxy S II camera samples

Related Gallery:Fujitsu LOOX F-07C could be phone with Windows 7 and Symbian

Related Gallery:USB COOL

Related Gallery:Chiling Lin at the Sony Internet TV annouce press