【ビデオ】「言うこと聞け!」「うるせー!」 見たことないほど最悪なラリーモータースポーツの世界で栄冠を得るためには、高性能のマシンと腕のいいドライバーが必要だが、ラリーに関して言えばナビゲーションを務めるコ・ドライバーとドライバーのチームワークも必要だ。それが崩壊するとどうなるのかという映像が届いたのでご紹介しよう。

オンボードカメラが映し出しているのは、インドのコーヤンブットゥールで開催されたラリー選手権にJCT Rallyingから出走した三菱「ランサーエボリューション」の車内の様子。ハンドルを握っているのは、インドの実業家で同チームのオーナーでもあるSamir Thapar氏。コ・ドライバーを務めているのはVivek Ponnusamy氏だ。本来、コ・ドライバーはコーナーや路面の状況をドライバーに伝えていくのが仕事だが、Thapar氏の人をひきかねないヒドいドライビングぶりに、「道路から外れるな」「ハンドルを切れ」「何をやっているんだ!クルマが壊れる」「お願いだから、言うことを聞いてくれ」と怒ったり懇願したりと大忙しである。ドライバーも負けずに「うるさい!つべこべ言うな!」と言い返す始末。彼らは7ステージ中で3勝という実績を持つにもかかわらず、レース結果を見ると、最終的にはリタイアに終わっている。原因はマシントラブルなのか、はたまたこの2人が決裂してしまったのか......。

では早速、ビデオでドライバーとコ・ドライバーの凄まじいやり取りを見ていただきたい。




By Jeffrey N. Ross
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】三菱の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:

Related Gallery:Pictures: Lapland's Christmas wonderland

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:New Goodyear Blimp


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Ferrari Millenio Konzept

Related Gallery:Motorola RAZR - chinesische Varianten

Related Gallery:Evolve Motorcycles: Tron Lightcycle Xenon

Related Gallery:Evolve Motorcycles Lithium

Related Gallery:Designer Androids