日産が海外展開する高級車ブランド、インフィニティの新モデルとおぼしきデザイン画が流出した。

同社内部から入手したこのデザインを描いたのが誰なのかは裏が取れていないものの、画像の左下にAlbaisaとサインが入っていることから、今年5月にエグゼクティブ・デザインディレクターに登用された、アルフォンソ・アルバイザ氏が描いたのではないかと思われる。

現在のところ、この画像以外の情報は不明だが、大きなグリルやヘッドライト、サイドウインドウ後部のカーブなどを見ると、現行モデルのスタイリングを引き継いでいるようだ。しかし、全体的なバランスについてはいささか驚かされる。大げさなまでに巨大なホイールとホイールベースや、フロントアクスルからダッシュボードまでの距離の長さが、このモデルがラインナップのトップに位置するフラッグシップカ―であることを示しているからだ。

現在、インフィニティのフラッグシップは「M」シリーズ(近々「Q70」とリネームされる)。Mシリーズは4世代目となる2011年モデルが登場して間もないため、今のタイミングでフルモデルチェンジすることはないだろう。

そうなると、かつて生産されていたQシリーズが復活するともと考えられる。北米では「Q45(日本名:シーマ)」として知られていたが、生産終了後は2度と復活しないという報道まであった。このセクシーでフルサイズのラグジュアリーカーならば、新たなQシリーズにふさわしいと言えるだろう。

インフィニティはセダン、クーペ、コンバーチブルのモデル名を全てQの名で展開するとしているため、この新型モデルのネーミングには「Q80」か「Q90」が考えられる。Q70のクーペ/コンバーチブルタイプをQ80と名付けるのかどうかで、決まりそうだ。

今後の情報を楽しみに待ちたい。

By Seyth Miersma
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】インフィニティの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!


<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:2014 Infiniti Q50 Photos

Related Gallery:2014 Infiniti QX60 Hybrid New York 2013

Related Gallery:2014 Infiniti Q50 Hybrid Detroit 2013

Related Gallery:2011 Infiniti QX56

Related Gallery:2008 Infiniti QX56


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:tokyo-auto-salon-girls-008-04

Related Gallery:tokyo-auto-salon-girls-008-03

Related Gallery:tokyo-auto-salon-girls-008-02

Related Gallery:tokyo-auto-salon-girls-008-01

Related Gallery:tokyo-auto-salon-girls-07-05