「パガーニ」から「エンツォ」まで! 
8月3日と4日の夕刻、栃木県栃木市の大通りにスーパーカーが大挙して集まり、地元の人々を沸かせた。

Related Gallery:Shinseki VA Scandal

 
実はこれ、栃木市が毎年8月に開催している「蔵の街サマーフェスタ」で、恒例となっている「スーパーカー・パレード」。お祭りのため交通規制された栃木市のメイン・ストリートである「蔵の街大通り」に、お馴染みのフェラーリランボルギーニポルシェから 「ブガッティ EB110」「パカーニ ゾンタ」というレアなモデルまで約50台のスーパーカーが集まり、2台ずつ並んで順番に走行を披露。派手なエキゾーストと浮世離れしたスタイリングで、普段は静かな地方都市の夏の夕暮れを賑わせた。



中でもフェラーリは「348」「F355」「360モデナ」「F430」「458 イタリア」というV8エンジン搭載の歴代モデルをはじめ、1970年代の名車「512BB」や「テスタロッサ」「550マラネロ」、フェラーリ初の4輪駆動車「FF」、最新フラッグシップ「F12ベルリネッタ」、さらに限定わずか400台しか生産されていない「エンツォ」まで2台も並ぶという豪華さ。対するランボルギーニは「ディアブロ」「ガヤルド」「ムルシエラゴ」が個性的なカスタマイズを競い合う。我が国代表としてはホンダ渾身の傑作スポーツ「NSX-R」が参加していた。



交差点から次の信号機まで短い走りを見せた後には、大通りに車両を並べて短時間ながら"路上スーパーカー・ショー"を開催。興味深げに眺めるお年寄りや、クルマの横にお子様を立たせて写真を撮る家族連れ。35年前とは違って、最近ではなかなかこれだけ一度にたくさんのスーパーカーを子供たちに見せられるショーはない。将来のクルマ好きを育てる貴重な機会になるはず、と我が少年時代を回想しながらそう思った。



現在の栃木市は県庁所在地でもないけれど、スーパーカーに関しては全国的に有名なショップ「ドリームオート」や、新旧の名車をずらり揃えた「魔方陣スーパーカー・ミュージアム」が建つ、北関東の意外な名所だったりする。蔵の街サマー・フェスタのスーパーカー・パレードも、この二者が地域貢献ということで協力し、これに賛同したスーパーカー・オーナーの方々が愛車とともに集まってくださることで実現できていると聞く。

東京都心からでも高速道路を走れば1時間半程度の距離。来年の夏は是非、スーパーカーを観に、"蔵の街"栃木市を訪れてみては?


栃木市観光協会

Related Gallery:Shinseki VA Scandal

 


【PR】スーパーカーの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Toyota CamRally - SEMA 2013

 
Related Gallery:

 
Related Gallery:HP anuncia el lanzamiento (y los precios) de cinco nuevas tablets en España

 
Related Gallery:Graves under golf course

 
Related Gallery:

 
<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Nokia E6 hands-on

 
Related Gallery:Nikon D5100 HK Press Con

 
Related Gallery:Fujitsu LOOX F-07C could be phone with Windows 7 and Symbian

 
Related Gallery:Samsung Galaxy S II camera samples

 
Related Gallery:ASUS announced the Padfone