【ビデオ】まさに超ブラック企業! 従業員を繰り返しスタンガンの餌食にした車販売店
米テキサス州で、勤務中に同僚から繰り返しテイザー銃(スタンガン)で電気ショックを与えられた男性が、同僚と会社のオーナーを相手に訴えを起こした。

訴えを起こしたのは、ヒューストンにあるフレッド・フィンチャー・モーターズという自動車販売店で働いていた元従業員のブラッドリー・ジョーンズさん。彼は同僚から9カ月間にわたり数十回、テイザー銃で電気ショック与えられたという。さらに販売店のオーナーはジョーンズさんがテイザー銃で撃たれる様子をビデオに撮り、YouTubeに投稿していたようだ。

テイザー銃は相手に電気ショックを与える護身用具で、殺傷力はないとされているが、心臓発作などを引き起こす危険性もある。国際人権団体アムネスティ・インターナショナルが2008年に行った調査によると、米では2001年から2008年までの間に334人がテイザー銃により死亡しているという。

販売店を辞めたジョーンズさんは、脅迫と暴行を受けた上に安全な職場を提供されなかったとして、元同僚2人と販売店のオーナー、共同経営者であるオーナーの妻を提訴した。オーナーの妻がテキサス州のパトリシア・ハーレス下院議員ということもあり、今後の裁判の行方が注目される。

では早速、地元のニュース番組で報道される様子をビデオでチェックしてみよう。




By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】テイザー銃の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:

Related Gallery:Logitech Alert Commander for Mac

Related Gallery:JAC J6 (2013)

Related Gallery:Lyonheart


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:AUO's 71-inch Cinema Scope 3D LCD panel eyes-on

Related Gallery:Motorola Xoom China

Related Gallery:GE VSCAN

Related Gallery:Rockchip 3D IFA 2010

Related Gallery:HTC Sensation 4G

Related Gallery:Stealth LPC-670 Mini-PC