携帯電話を操作しながらの運転は、悲惨な事故につながり得る非常に危険な行為だ。それにも関わらず、運転中に携帯を使う人は増え続けているという。その解決策として考えられているのが、手を使わずに音声のみで操作できるシステムだが、それも思ったほど安全な装置ではないと言われている。

一方で、デジタルメディア機器は技術革新し続け、生活の至る所に進出してきている。例えば、圧倒的な利用者数を誇るYoutubeは、ほとんどのデバイスのスクリーンからアクセスできるようになりつつある。しかし、そんなYoutubeでも、自動車業界への参入は果たしていない。

もしも、フロントガラスをスクリーンに見立ててYoutubeを見ることができたら?



もしも、フロントガラスをスクリーンに見立ててYoutubeを見ることができたら? ハンドルにキーボードが付いていたら? そんな面白くも危険な発想を、風刺動画を専門に制作している『Barely Political』が映像化した。出来上がったビデオには「Introducing CarTube」というタイトルが付けられ、Youtubeが主催するバーチャルイベント「Geek Week」でお披露目されたという設定だ。

それでは、彼らが制作した奇想天外な映像を早速ご覧いただこう。



By Damon Lowney
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】デジタルメディア搭載車の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Klipsch Palladium Speakers

Related Gallery:

Related Gallery:NVIDIA Project Shield en el MWC 2013

Related Gallery:

Related Gallery:

<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:ASUS announced the Padfone

Related Gallery:Samsung Galaxy S II user interface

Related Gallery:Fujitsu LOOX F-07C could be phone with Windows 7 and Symbian

Related Gallery:OPPO Android Phone New UI

Related Gallery:AUO's 71-inch Cinema Scope 3D LCD panel eyes-on