Related Gallery:Editors' Picks: The Perfect Summer Car


トヨタといえば「カムリ」や「カローラ」という認識は、過去のものになってしまうかもしれない。北米でサイオン「FR-S」、ヨーロッパでは「GT86」として販売されているトヨタ「86」の上位と下位モデルとしてトヨタは、リアドライブ方式(RWD)の2台の新型スポーツカーを計画しているという。

オーストラリアの自動車メディア『Car Advice』が掲載した86のチーフエンジニア、多田哲哉氏とのインタビューによると、同氏はトヨタ自動車の豊田章男社長から「トヨタのスポーツカーファミリーは86を真ん中に、3兄弟でいくべきだ、といつも言われている」と語ったという。"兄"モデルは、名前こそ違うだろうが、トヨタ「スープラ」の後継車を指すかもしれない。ちなみに多田氏はこのプロジェクトの責任者でもある。

新型モデルの名前について多田氏はコメントを避けたが(インタビュー中、同メディアは「MR2」や「セリカ」の名を挙げている)、「RWDでいきます。トヨタのスポーツカーはRWDでなければなりません。それがトヨタの強い姿勢です」と述べている。

今回のインタビューの中身で最も魅力的だったのは、新型モデルの開発は、86とスバル「BRZ」のように、他社とのジョイントベンチャーになるという情報だろう。小型モデルについてはどのメーカーと手を組むのかコメントはないが、スープラの後継車の開発についてはトヨタとBMWのパートナーシップだと触れている。

ただし、この手の話の内容が変わることはよくあるため、話半分で受け取ってもらった方がいいだろう。とはいえ上記の話は、基本的には2012年にお伝えしたMR2とスープラの復活を裏付けてもいる。

いずれにせよ、今後の数年間は、トヨタファンにとって実にエキサイティングな年となりそうだ。

By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:Editors' Picks: The Perfect Summer Car


【PR】86の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Nokia 6700 slide

Related Gallery:Casio EXILIM ZOOM EX-Z1200

Related Gallery:Zune round-up: unboxing gallery, leaked units locked 'till launch, and customizable casing rumors

Related Gallery:A visual tour of Android's UI

Related Gallery:


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Evolve Motorcycles: Tron Lightcycle Xenon

Related Gallery:eFun aPen A5: Hands-On

Related Gallery:Samsung Galaxy Nexus Hands-On

Related Gallery:Dartz Jo-Mojo

Related Gallery:Atomic Floyd SuperDarts Details