マツダが米クレムソン大学・自動車工学科の学生と共同開発したコンセプトカー「ディープ・オレンジ3」が完成した。このモデルはSEMAショー2012でシャシーのみ公開されていたが、ようやくボディを載せた完全な形でのお披露目となった。

「ディープ・オレンジ3」のパワートレインには、前輪をガソリンエンジンで、後輪を電気モーターとバッテリーで駆動するハイブリッドシステムが搭載されており、前輪駆動、後輪駆動と四輪駆動の切り替えが可能だという。前後列3+3の6シーターというレイアウトもユニークだ。外観はマツダの「靭(しなり)コンセプト」を彷彿させるクールなデザインに仕上がっている。

学生達の柔軟なアイデアが光るこのモデルの詳細が気になる方は、プレスリリース(英語)をご覧いただきたい。

By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】ディープ・オレンジ3の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!


<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:2014 Honda Accord Hybrid: Review

Related Gallery:Rare US car collection

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:Cairo tomb


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Whill: Rollstuhl trifft Segway

Related Gallery:Number Pad

Related Gallery:LG OLED HDTV

Related Gallery:Huawei Ascend P1

Related Gallery:Hands-On: Corning Gorilla Glass 2