カーアクション漫画『頭文字D』が、7月29日発売の漫画誌『週刊 ヤングマガジン』で 18年間の連載に幕を下ろした。海外でも多くのメディアがこの連載終了について報じている。

『頭文字D』は、1995年から漫画の連載が始まり、その後テレビアニメ放映とその映画化、2005年には実写でも映画化された人気作品。今後も、原作で描かれた関東最終戦がTVアニメシリーズ『Final Stage』となり、さらに2014年夏には新劇場版『頭文字D』としてアニメ映画が公開される。躍動感あふれるカーアクションシーンが満載のこの作品の影響で、ドリフトに憧れた読者も多いだろう。主人公の乗るトヨタAE86型「カローラ(日本名:スプリンター・トレノ)」は、通称「ハチロク」として日本はもちろん海外でも熱狂的な人気を博している。

車情報サイト『The Truth About Car(TTAC)』の記事では、『頭文字D』で精緻に描かれるカーアクションの素晴らしさについて言及。日本に在住していたこともあるという筆者が「青春の一部だ」と語り、コメント欄にも多くのファンからのメッセージが寄せられるなど、海外でもこの作品の人気の高いことが窺える。

By Damon Lowney
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】ハチロクの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Maya Angelou

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:Messages in bottles

Related Gallery:2014 Ford Focus facelift leaked images


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Android at Home

Related Gallery:Samsung Galaxy S II camera samples

Related Gallery:Samsung Galaxy S II user interface

Related Gallery:OPPO Android Phone New UI

Related Gallery:ASUS announced the Padfone