Related Gallery:


主にスマートフォンなどのディスプレイに使用されている強化ガラス「ゴリラガラス」が、BMWi8」に車として初めて採用されるようだ。

車情報専門サイト『AutoWeek』によれば、ゴリラガラスが使われるのはフロントガラス部分ではなく、防音の目的でリヤウィンドウに使用されるという。ゴリラガラスは従来の自動車用ラミネートガラス(合わせガラス)に比べ耐久性が強く、より軽量で、さらに防音効果にも優れているそうだ。



BMWはカーボンファイバー強化プラスチック(CFRP)製モノコックをi8に使用することで、車両重量を1490kg以下に抑えたとの情報もある。量産車にはまず使用しないような同素材を、高級スポーツカーのi8だけでなく、比較的スタンダードな「i3」にも導入しているBMWだけに、ゴリラガラスをいち早く採用したこともうなずける。

ぜひi8の試乗レビューもチェックしていただきたい。

By Damon Lowney
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:


【PR】BMW i8の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!


<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Behind the scenes at GoPro's athlete summit

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:SoulCalibur V (TGS 2011)

Related Gallery:Oregon Scientific Time & Wireless Charging Stations hands-on

Related Gallery:GM Windows of Opportunity applications

Related Gallery:Neato Robotics XV-21 (press images)

Related Gallery:Scooba 390 hands-on