【ビデオ】マクラーレン「P1」に関係者以外で初めて乗った男性とは?
Related Gallery:


今回は、マクラーレンが英で開催されたモータースポーツの祭典「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」に招待したある男性の話をご紹介しよう。

この男性がグッドウッドに招待されるきっかけとなったのはFacebook上で行われた「Forza McLaren Ride」というキャンペーン。人気レーシング・ゲームの新作「Forza Motorsport 5」のトレーラーとコースマップから、トレーラーの中でチェイスを繰り広げるP1とマクラーレン「F1」のスタート位置を当てるというものだ。多数の応募者の中から、最も近い場所を言い当てたのがアンドリュー・フリーマンさんというこの男性。



バーチャルの世界から実際のサーキットへ、というと日産が凄腕のゲーマーを本物のレーサーに育て上げるGTアカデミーを思い浮かべるだろうが、今回の話は少し違う。フリーマンさんはマクラーレンのヘッド・テスト・ドライバー、クリス・グッドウィンが運転するマクラーレンP1に同乗できる権利を与えられたのだ。

彼はマクラーレンの関係者以外で初めてP1に乗った人物となった。しかも、祭典の主催者であるマーチ卿の私有地を疾走できたというのだから、何ともうらやましい限りだ。

それでは、フリーマンさんがグッドウッドで実際にP1に乗ったときの映像と、キャンペーンで使用されたトレーラーを早速ご覧いただこう。