超辛口評論で知られる自動車評論家のクリス・ハリスが、車専門サイト『Drive』で、人気の新型ホットハッチ、フォード「フィエスタST」の0-60mphをユニークな手法で測定したのでご紹介しよう。

クリスは0-60mphの測定に、フィエスタだけを走らせることに満足せず、なんとメルセデス・ベンツのSUV「G63AMG」にフィエスタを引っ張らせることにしたのだ。

まず、フィエスタだけで0-60mphを測定。記録は7.2秒だった。これはフォードの公式発表よりも劣るが、上り勾配の滑走路で測定されたこと、使用モデルが最高出力182hpの欧州仕様で、米国モデルより15hpほどパワーが劣ることを考慮すればまずまずの数字と言えるだろう。



次がいよいよG63AMGがけん引しながらの測定。ちなみにG63AMGは、最高出力536hp(日本公式HPでは544ps)のV8ツインターボエンジンを搭載し、0-60mphを5.2秒で達成する脅威のSUVだ。

ハリスは早速、牽引されたフィエスタに乗り込むと、スマートフォンをG63AMGの測定用GPSセンサーに接続。ハンドルも握らず、のんびりスマートフォンの画面を眺めながら、テストに臨んだ。

果たして新型フィエスタSTは自走した方が速いのか、AMGのモンスターに牽引された方が速いのか。フィエスタの名誉を賭けた測定テストの行方はビデオでご覧頂きたい。


By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:Chevrolet Camaro wishes Ford Mustang Happy 50th

Related Gallery:


【PR】フィエスタやG63の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Seagate Central

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:Command & Conquer 4: Tiberian Twilight

Related Gallery:


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:ASUS announced the Padfone

Related Gallery:OPPO Android Phone New UI

Related Gallery:GE VSCAN

Related Gallery:Fujitsu LOOX F-07C could be phone with Windows 7 and Symbian

Related Gallery:Samsung Galaxy S II camera samples