Related Gallery:


8月4日、新型「NSX」 試作車両が、インディカー・シリーズ第14戦の舞台となったミッドオハイオ・スポーツカー・コースで世界初のデモ走行を行った。
デモンストレーションを行ったのは、2015年に北米で発売を皮切りに全世界で販売を予定の新型NSXの試作車両で、ホンダR&Dアメリカズで開発中のもの。

新型NSXは、 軽量なボディに次世代の直噴 V型6気 筒エンジンをミッドシップレイアウトし、走りと燃費性能を両立した高効率・高出力のハイブリッドシステム「SPORT HYBRID SH-AWD®(Super Handling - All Wheel Drive)」を搭載する。

SPORT HYBRID SH-AWDは、エンジンと高効率モーターを 内蔵したデュアル・クラッチ・トランスミッションを組み合わせるとともに、前輪の左右を 独立した2つのインホイールモーターで駆動する電動式の四輪駆動システムを採用するハイブリッドシ ステム。

ホンダ独創のトルク自在制御システムにより、左右のトルクを独立的に制御する ことで、クルマの旋回力を自 ら生み出し、革新的なオン・ザ・レール感覚のコーナリングが可能とされる。NSXファンは言うに及ばず、一日も早く実車が発売され、「SPORT HYBRID SH-AWD®(Super Handling - All Wheel Drive)」を体感してみたいと思うドライ バーは多いはず。

開発責任者のテッド・クラウスは、「新型NSX試作車両のデモンストレーション走行を、このミッドオハイオでお見せできたことは大変感慨深いものであります。そして私たちは、2015年に世界中のお客様に、スーパースポーツモデルとして新しい走りの価値を提供すべく、新型NSXの開発を強力に推進しています」とコメントした。

Related Gallery: