東京モーターショー2013、前売入場券の販売を開始! 1万人限定のプレビュー・ナイト券も!
一般社団法人 日本自動車工業会は、11月23日に一般公開が始まる第43回東京モーターショー2013の前売入場券と、一足早く会場を観て回ることができるプレビュー・ナイト入場券のオンラインチケット販売を、8月1日(木)より開始する。

トヨタの初代「クラウン」が発売される前年、1954年4月に第1回目が開催された「全日本東京自動車ショウ」から数えると43回目となる今回の東京モーターショー。2011年と同じ東京都江東区有明の東京ビッグサイトを会場とし、国内全ての乗用車、商用車、二輪車メーカー14社・15ブランド、そして海外から乗用車・商用車部門には前回を上回る18ブランドが参加するという(出展者リストはこちらの記事からどうぞ)。



一般公開日は11月23日(土)から12月1日(日)だが、今回初めて導入されたプレビュー・ナイト入場券を購入すれば、1日早く特別招待日(22日)の午後5時30分から午後8時まで、まだ空いている会場をゆっくり観て回ることができるそうだ。ただし1万枚の限定販売で価格は3,000円となかなかプレミアム。売り切れ次第終了となるので、お買い求めはお早めに。

通常の前売入場券は、一般公開が始まる前日の22日まで販売。当日券なら一般1,500円・高校生500円のところ、それぞれ1,300円・400円と若干お得になるだけでなく、会場の入場券売り場で長い列に並ばなくて済む。開催期間中には絶対行く、という方なら前売券のご購入をお勧めしたい。

販売方法は、世界約50ヶ国で利用されているオンラインチケットシステム「e-tix」によるオンライン販売。公式サイトから申し込みクレジットカードによる決済を済ませると、入場券はプリントアウトしてご利用いただけるという。海外からの購入も可能だ。また、今回はスマートフォンやタブレット端末の画面に表示したバーコードを読み取ることで入場できるサービスも実施するという。プリンタをお持ちでない方・紙の消費はできるだけ控えたい方にも便利(このスマートフォン、タブレット端末向けのサービスは、10月以降開始予定)。

オンライン決済以外の購入をご希望なら、前売入場券の販売は鉄道会社、旅行会社、コンビニエンスストア等でも10月25日(金)より開始される予定なので、そちらからどうぞ。



第43回東京モーターショー2013に関する情報および前売入場券のオンライン購入は、文末のリンクより公式サイトをご覧いただきたい。ちなみに今回のテーマは「世界にまだない未来を競え。」環境技術や先進安全技術を競い合うのも結構だが、クルマ好きの人々がなぜ、上記のような入場料を支払ってわざわざ会場に足を運ぶのかということも、出展者には決して忘れないでいただきたいものである。

TOKYO MOTOR SHOW WEB SITE

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Euro NCAP: Renault Kangoo

 
Related Gallery:BMW Serie 7 (especulación)

 
Related Gallery:Ford F-150 Raptor

 
Related Gallery:Fiat Linea 2008

 
Related Gallery:Chana-Suzuki Gazelle 2008

 
<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Mazda Ryuga

 
Related Gallery:Speed Racer (Meteoro)

 
Related Gallery:Force India VJM01

 
Related Gallery:Saab Aero X, venido del frí­o

 
Related Gallery:Cadillac XLR-V 2007