【ビデオ】「GT-R」のエンジンを組み立てる4人の匠たち
Related Gallery:

「Handbuilt by Takumi Kurosawa(クロサワ・タクミによる手組み)」。世界に名だたる日本のスーパーカー、日産「GT-R」に搭載されているVR38エンジンには、そう書かれたネームプレートが貼られている。これは、""と呼ばれる日産の熟練作業者の誇りを示すものだ。

GT-Rのエンジン組み立てを行う匠は全部で4人。リーダーのクロサワ・タクミ氏が、シオヤ・イズミ、ゴズ・ノブミツ、オオヤマ・ツネミの3氏を率いる。自分の名前をエンジンに印すことを許されているのは、日産では彼らだけだ。オオヤマ氏は、GT-Rのエンジンに自分たちのネームプレートを貼ることで、「(仕事に)緊張感がある。妥協は出来ない」と話す。

匠たちは、ツインターボV型6気筒の部品がクリーンルームに運ばれた瞬間から、最大限の努力を尽くしている。彼らはエンジンをただ組み立てるのではなく、組み立てを始める前に全部品の品質検査を行う。そうすることで、精度の高いエンジンの提供が可能となるのだ。これは、買い物からサーキットまで幅広いシーンに対応するGT-Rにとって非常に重要なことだ。

匠によるGT-Rエンジンの組み立ては、同社発祥の地である横浜の工場で行われている。日産がその舞台裏を紹介するビデオを2本公開しているので、ぜひご覧いただきたい。






By Damon Lowney
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:


【PR】GT-Rの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:'Catfish'

Related Gallery:

Related Gallery:ÐÂÐÜè iMac ¿ªºÐÕÕ£¡

Related Gallery:

Related Gallery:


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Shuttle tablets at Computex 2011

Related Gallery:Qualcomm twins show girls

Related Gallery:Asus Eee Pad MeMO hands-on at Computex 2011

Related Gallery:ASUS announced the Padfone

Related Gallery:Samsung Galaxy S II camera samples