BMWグループは29日、「まったく新しいコンセプトの電気自動車」であるという「BMW i3」をニューヨーク、ロンドン、北京で同時発表した。

Related Gallery:BMW i3

 
今からちょうど2年前の7月29日にプロトタイプが発表された「i3」は、主に都市部におけるコミューターとしての役割が期待される、BMWグループ初の完全に電動化された量産モデル。と同時に、BMWが新たに展開するサブブランド「i」の名前を冠した最初の市販車となる。




全長約4mの車体は、乗員を囲むカーボンファイバー製パッセンジャー・セルと、ドライブトレインおよび足回りが組み付けられたアルミニウム製シャシーに分かれた構造が特徴。リチウムイオン・バッテリーは完全に床下に収められ、車体後部に搭載される1個の電気モーターが最高出力125kW/170hpと最大トルク250Nm/25.5kgmを発生して後輪を駆動。停止状態から60km/hまで3.7秒で加速するという。トランスミッションは1速固定ギアのため、最高速度は「効率上の理由から」150km/hに制限される。車両重量は1,195kgと「MINI」のハッチバック・モデル並みで、大きさ・内容を考えれば非常に軽量。BMWの一員らしく前後重量配分は50:50に設計されており、「すべてのBMWの車に共通する走りの楽しさを実現しているのが特徴」としている。全高および全幅のサイズは今のところ未公表。ホイールベースは2,570mmで、車内は「4人乗車に必要な十分に広いスペースが確保されている」そうだ。



電気自動車といえば気になる航続距離については、130kmから160kmと発表されている。BMWによれば「一般的なドライバーが1日に走行する距離は世界の平均で64キロメートル以下」であり、これまで行われた「MINI EおよびBMW ActiveEの試験車両による大規模な実証実験からの知見では130キロメートルから160キロメートルの航続距離で大多数のドライバーが満足することが示されている」という。



さらに長距離を走りたいドライバー向けに、BMW i3には2気筒ガソリンエンジンを使ったレンジ・エクステンダーがオプションで用意されている。34馬力を発生するというこのエンジンは直接車輪を駆動するのではなく、リチウムイオン・バッテリーの充電残量がある規定値以下になると始動して充電を開始。つまり発電機としての役目を果たすわけだ。これを使えば最大航続距離は約300km(日常走行モード)まで延長されるという。道中にガソリン・スタンドさえあれば走り続けることが出来るというのは、「日産 リーフ」や「三菱 i-MiEV」にはない利点(特に精神衛生的に)として、現在の日本では歓迎されるかも。ちなみにこのエンジンは同社のオートバイ用を流用しているらしい。これを装備したi3では電気モーターの横にエンジンが搭載され、ガソリン・タンクはフロントに設置されるという。



発売はまずヨーロッパで2013年11月中に開始され、日本やアメリカ、中国などでは2014年上半期を予定しているという。ドイツ本国における販売価格は3万4,950ユーロ(約455万円)。レンジ・エクステンダー付きを選択すると3万9,450ユーロ(約513万円)となる。同じBMWの「320i」とほぼ同じくらいになるが、BMWによればより経済性の高い「320d」(ドイツ仕様)と比較しても、i3のメインテナンス・コストとランニング・コストは40%ほど有利になるという。さらにこの差は国によって支給される補助金などでより広がる可能性もある。




BMWグループのノルベルト・ライトホーファー会長はニューヨークで行われた発表会の席上、「イノベーションは変化を促します。i3はこれまでの自動車を超えるものであり、サステイナブルなモビリティに向けた革新的な一歩であります。大都市圏の顧客ニーズに対応するため電動パワートレーンを始め完全な専用設計になっています。」と語った。また同グループの財務担当取締役であるフリードリッヒ・アイヒナー氏は北京で「BMW i3は開発と生産に加えアフターセールを含むすべての段階でサステイナブル・モビリティーの新しい基準を確立しました。」と語っている。i3では一部の市場において、オンラインで製品とサービスを提供する新しい販売方法も開始される。

生産においても環境を意識した方針が採られており、例えばライプチヒ工場ではBMW i3の製造に必要な電力をすべて、二酸化炭素排出のない風力発電でまかなっているという。また、必要なエネルギー量も、「既に高い効率を実現しているBMWの製造プロセスと比べて約50%減、水使用量に至っては70%減」となっているそうだ。




今や全世界で9万人を超える人たちが試乗の申し込みを済ませ、その発売を心待ちにしているという注目のBMW i3。詳しい最新情報は「BMW i News letter」で配信中とのこと。ご登録は以下のリンクからどうぞ。100枚を超える画像とたくさん用意されている公式ビデオも是非ご覧いただきたい。


BMW i News Letter

BMW Japan 公式サイト

Related Gallery:BMW i3

 
















【PR】BMW i3の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:BMW i3 Concept

 
Related Gallery:BMW i3 and i8 Photos

 
Related Gallery:BMW i3 Coupe Concept Photos

 
Related Gallery:BMW i3 Coupe Concept LA 2012 Photos

 
Related Gallery:BMW i8 Spyder Photos

 
<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:The Girls of Shanghai 2007

 
Related Gallery:Shanghai 2009Cute china showgirl

 
Related Gallery:Shanghai 2009 Sweet china showgirl

 
Related Gallery:Tokyo motor show 2011 Companion 10

 
Related Gallery:Tokyo motor show 2011 Companion 09