【レポート】ハンドルの代わりにプライヤーで運転した男が逮捕!
整備が万全でない車での走行はそもそもお勧めできるものではないが、さすがにこれは度が過ぎているというニュースが届いたので、ご紹介しよう。

場所はオーストラリアのアデレード。月曜の朝の通勤時、パンクしたタイヤでふらふらと走る車を見つけた警察が車を止めて車内を調べると、彼がハンドルの代わりに握っていたのはなんとロッキングプライヤー。どういうわけか、車にはハンドルが付いておらず、代わりにロッキングプライヤーがステアリングコラムの軸に取り付けられていたのだ。

英タブロイド紙の『デイリー・メール』によると、男は38歳。取り調べの結果、さらに無免許運転、未登録車運転、無保険での運転、違法ドラッグの影響下における運転などが発覚し逮捕された。また、それ以前に起こった当て逃げ事件にも関与している疑いがあるということだ。

何ともお騒がせな事件だが、ここから学べる教訓はいたって簡単。"車のケアを忘れると大変なことになる"ということだ。

By Damon Lowney
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】ステアリングの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Intel New Classmate PC

Related Gallery:BioShock LE cover art contest

Related Gallery:Where to go in January

Related Gallery:

Related Gallery:2015 Ford Focus Sedan


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:AUO's 71-inch Cinema Scope 3D LCD panel eyes-on

Related Gallery:OPPO Android Phone New UI

Related Gallery:ASUS announced the Padfone

Related Gallery:HTC Sensation 4G preview!

Related Gallery:Stealth LPC-670 Mini-PC