【ビデオ】小林可夢偉がフェラーリのF1マシンでクラッシュ!
F1ドライバーで、今季はスクーデリア・フェラーリから世界耐久選手権(WEC)に参戦している小林可夢偉選手。つい先日、同選手が今月21日にロシアで開催されたモータースポーツイベント「第5回モスクワシティレーシング」で、F1マシンのデモ走行中にクラッシュしてしまったことをお伝えしたが、今回は観客が小林選手のクラッシュの瞬間をとらえた映像が届いたのでご紹介しよう。

小林選手が乗っていたのは、フェラーリの2009年F1マシン「F60」。映像では、ウェットな路面でマシンがスリップし、側壁に激突する様子が見てとれる。幸い小林選手は無事で、20分後にはスペアカーでデモ走行を再開したという。

2009年にパナソニック・トヨタ・レーシングのドライバーとしてF1デビューを果たした小林選手は、他のドライバーのオーバーテイクを許さず、時に危険とも批判されたアグレッシブなドライビングから、「何をしでかすかわからない存在」として知られてきた。また、トップクラスのドライバーたちと堂々と渡り合う度胸の良さが、F1の関係者やメディアから高く評価されていた。しかし今回はそのアグレッシブさが裏目に出てしまったようだ。

それでは、観客の視点から小林選手がクラッシュする瞬間をとらえたビデオをご覧いただこう。





By Jeremy Korzeniewski
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】F1マシンの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:

Related Gallery:HKC Pearl

Related Gallery:LG Arena KM900 hands-on

Related Gallery:Kegbot Interface

Related Gallery:Dell Mini 3 lightning hands-on


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Ferrari Millenio Konzept

Related Gallery:Motorola RAZR - chinesische Varianten

Related Gallery:Evolve Motorcycles: Tron Lightcycle Xenon

Related Gallery:PSP 瘦身版動手玩圖庫

Related Gallery:Designer Androids