デトロイト市が財政破綻したとのニュースを先日お伝えしたが、7月19日に北米国際自動車ショー(デトロイト・ショー)の主催者からニュースリリースが発信されたので、楽しみにしている読者のためにもご紹介しよう。

結論を最初にいっておくと、タイトルの通り、モーターショーは開催される。大事な発表の場が失われることもなく、開催を心待ちにしている人々の楽しみが無くなることがないのは喜ばしいことだろう。

北米国際オートショー(NAIAS)代表、ロッド・アルバーツ氏からのメッセージ 全文

北 米国際オートショー(NAIAS)代表、ロッド・アルバーツ氏からのメッセージ前進する:デトロイトの財政破綻はNAIASに影響はない2013年7月 19日、ミシガン州、デトロイト市、デトロイト市の連邦破産法9条の適用はしばらく前から予期されていたことであり、北米国際オートショー(デトロイト ショー)には影響はない。

ここ十年来の市の状況を考えると、財政破綻の申請は良い決断であり、長年積み上げられた市の負債から解放される ことによって、デトロイト市の復活に向けて新たな一歩が踏み出せるよい機会である。それが真の目的である。デトロイト市のデイブ・ビング市長とミシガン州 のリック・スナイダー知事の判断は正しく、デトロイト市を窮地から脱却させる手助けとなるだろう。多くの人には驚きであったが、大胆かつ前向きな行動だっ た。

コボセンター(デトロイトショーの会場)は市から独立しており、ショーの機関によって運営・管理されているため、市からの財政支援は 必要としていない。デトロイトショーは、デトロイト市を含む周辺地域の公的機関との連携を取っており、今後も取り続けていくが、独立した組織であるため ショーの運営や資金に影響はない。

一方、コボセンターの3億ドルをかけた改修工事の最終段階である第3段階の工事が来年、間もなく完了するのは興味深い一面である。再度強調するが、コボセンターは地方の独立機関によって運営されており、地域や州の財政から資金援助を受けているためである。

今 回のデトロイト市の財政破綻は世界の自動車メーカーが期待をもって集う会場を提供するショーおよび、毎年ミシガン州南東部に3億5千万ドルもの経済波及効 果をもたらすデトロイトショーの開催に何らの影響もない。デトロイトの舞台から世界に製品を発信し続ける各国の自動車メーカーと共に、これからも協力して いく。

最新のショー情報はTwitterやFacebookとのこと。

デトロイトショー2014の会期プレスデー:2014年1月13(月)~14日(火)
インダストリーデイ:2014年1月15日(水)~16日(木)
チャリティー・プレビュー:2014年1月17日(金)
一般公開日:2014年1月18日(土)~26日(日)9日間

参照元:NAIAS_Newsletter(英文)NAIAS_Newsletter(日本語)

【PR】デトロイト市の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Hyundai HCD-14 concept: Detroit 2013 Photos

Related Gallery:Detroit 2010 Tata Nano Photos

Related Gallery:Mazda6 Skyactiv-D Racecar: Detroit 2013 Photos

Related Gallery:Lexus LF-LC Concept Detroit 2012 Photos

Related Gallery:Detroit 2010 GMC Granite Concept

Related Gallery:Mitsubishi Ralliart in Detroit

Related Gallery:Detroit 2009 2010 Mazda3 five-door