【ビデオ】ポルシェ「911」のレストアに熱い情熱を注ぐ男!
ポルシェ「911」のオーナーの多くが、911を購入した動機について、"初めて911に乗った時の感動が忘れられなかったから"と話す。ポルシェのレストア店を経営しているジョン・ウィルホイトもその1人だ。彼は初めて911に乗った時、リアエンジンが生み出すユニークなハンドリングとインテリアに魅了されたそうだ。今回は、そんな彼がビンテージカーの専門サイト『Petrolivious』で、911との思い出について語っているのでご紹介しよう。


ジョンは20年前、姉の隣家の裏庭に、パステルブルーの1971年型「911T」が放置されているのを見つけたそうだ。しかし、車内には雨水がたまり、見るも無残な状態だったという。ジョンはすぐに911Tを買い取り、再び命を吹き込むべく復元を開始。その後、300hpを発揮するエンジンを取り付けるなど様々な修復を施したが、驚くべきことに、ボディの塗装だけは発見当時のままで、手を加えていないそうだ。

それでは早速、ジョンのインタビューをビデオでご覧いただこう。付け加えておくが、ジョンのお店は1年先まで予約が埋まっており、さらに修復作業には30万ドル(約3000万円)が必要なので、安易にレストアをお願いしようなどとは決して思わないように!



By Damon Lowney
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】ポルシェ911の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:2014 Las Vegas Pet-a-Palooza

Related Gallery:

Related Gallery:Bugatti 100P airplane reproduction Photos

Related Gallery:

Related Gallery:Kit carrocería SEAT León


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Lytro Pressebilder

Related Gallery:Droid RAZR vs Droid Incredible 2 vs iPhone 4 vs LG Marquee

Related Gallery:Evolve Motorcycles: Tron Lightcycle Xenon

Related Gallery:Ferrari Millenio Konzept

Related Gallery:Pretec Booth(Lots of Affordable SSD)