【レポート】フォードがフジクラをワイヤーハーネスの価格操作で提訴 請求額は3兆円
以前お伝えしたデンソーの件のように、自動車内の配電に使うワイヤーハーネスの価格を巡る業界内の談合が徐々に明かされ、国際的な問題になりつつある。米自動車メディア『Automotive News』によると、本件の捜査で既に罪を認めた日本の自動車部品メーカーを先日、フォードが提訴したという。

今月16日、フォードは株式会社フジクラと現地法人のFujikura Automotive America LLC.に対する民事裁判の訴状をデトロイトの連邦裁判所に提出した。提訴の内容は、2000年1月から少なくとも2010年2月までにフォードに納入されたワイヤーハーネスは複数の業者が談合し価格操作されたものであるとして、吊り上げられた価格分を損害賠償として請求するというもの。捜査の過程でフジクラは、米政府に約20億円の罰金を支払うことに既に合意しているが、フォードはシャーマン反トラスト法(米の独占禁止法)に基づき、過去10年間でワイヤーハーネスの代金として支払った1兆円のうち、吊上げられていた分の3倍の額の賠償を要求している。なお、フォードの損失額は明らかにされていない。

ちなみに中国の市場調査によれば、ワイヤーハーネス業界の2010年の市場規模は約2.69 兆円だという。また『Automotive News』は、2月時点の関係者の話として「(価格操作の調査は)時間が経つにつれて大がかりになり、公表した当初よりも事件の規模が拡大している」とも伝えている。一刻も早く全貌が明らかになることを願うばかりだ。

By Damon Lowney
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】フォードの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Ford Atlas Concept Photos

Related Gallery:2014 Ford Fiesta ST: First Drive Photos

Related Gallery:Ford Evos Concept

Related Gallery:Ford Atlas Concept Detroit 2013

Related Gallery:Ford Fiesta ST GRC Racecar Chicago 2013


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 06 02

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 07 02

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 06 03

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 09 02

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 10 02